写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2016年5月11日から13日まで、東京ビックサイト・西ホールにて「第5回 IoT/M2M展 春」が開催されている。本稿では同展に出展しているサン電子のブース内容を紹介する。

○コスパが高いIoTプラットフォーム

真っ先に目が行くのはブース奥に設置された野菜工場らしきデモンストレーション展示だ。これは、同社のFA向けIoTプラットフォーム「Bacsoft IoT Platform」を農業向けにアレンジしたもので、栽培されているのはイチゴだ。

同プラットフォームは、工場設備やプラント施設などの遠隔監視・制御を行うためのデータ収集プラットフォームサービス。標準的なアプリケーションが予め用意されているため素早い導入が可能であることや、小規模での導入・運用時のコストパフォーマンスの高さ、MCプロトコル・MODBUSプロトコルに対応していることなどを特長とする。

デモンストレーションではイチゴ栽培のビニールハウスを再現し、照度、温度、湿度、養液タンク内の水温・EC値・ph値、カメラ画像を取得。転送したデータを見える化するとともに、クラウド上で解析し飽差と光量子束密度を算出している。また、PCからハウス内の照明、ポンプ、ファンの制御も可能となっている。

○マーカー不要のARシステム

参考出品のARシステム「AceReal」にも多くの来場者が興味を示していた。

AceRealは、専用のウェアラブルコンピューターとソフトウェアを組み合わせたソリューション。メガネ型デバイスのレンズに1280×720pxの映像を映し出し、マーカーレスで周囲の状況に3D映像を重ねて表示することができる。IEEE802.11 a/b/g/nおよびBluetooth 4.0+BLEでの通信が可能。

フィールド作業者の業務支援や、アミューズメント設備での活用を見込んでおり、2016年度中に製品化される予定だ。

(神山翔)