澎湖海巡隊提供

写真拡大

(台北 11日 中央社)澎湖県査某嶼の南東沖で10日夜、作業中だった日本船の日本人男性乗組員(47)が左手を骨折する事故があり、通報を受けた行政院海岸巡防署(海上保安庁に相当)海岸巡防総局第八(澎湖)海巡隊が巡視艇を派遣して救助した。男性は11日未明に同県馬公に到着。澎湖県消防局に引き渡され、医療機関に搬送されたとしている。

(編集:齊藤啓介)