イライラチャリーン! 【男女別】ムダ使いしたくなる瞬間ランキング

写真拡大

社会人になれば、自由に使えるお金はぐんと増えます。しかし無駄遣いをすれば、そのまま自分の生活を圧迫してしまう!なんてリスクもアリ……。イマドキ社会人のみなさんが、「思わず浪費したくなっちゃうとき」ってどんな瞬間なのでしょうか。男女それぞれの回答から、違いについて検討します。

■男女別 無駄遣いしたくなる瞬間ランキング

男女別に「無駄遣いなど浪費したくなっちゃうのってどんなときですか?」と聞いてみました。結果は以下の通り。

●女性ランキング

第1位 イライラしたり、ストレスがたまっていると感じたとき……58.2%

第2位 疲れているとき……7.0%

第3位 ボーナスが入ったとき……4.5%

第4位 がんばったあとの自分へのご褒美として……4.0%

第5位 旅行に行ったとき……3.5%

●男性ランキング

第1位 イライラしたり、ストレスがたまっていると感じたとき……25.6%

第2位 どうしてもほしいものを見つけたとき……12.3%

第3位 疲れているとき……5.4%

第4位 旅行に行ったとき……4.4%

第5位 いいことがあったり、テンションが上がっているとき……3.4%

※男女ともに第6位以下は省略

男女ともに1位は「ストレスがたまったとき」でしたが、そのパーセンテージには大きな違いがありました。男女それぞれの、詳しい意見をチェックしてみましょう。

■女性の意見

・「仕事などでストレスがたまり、ふと甘い物がたくさん食べたくなって店に立ち寄ったとき、甘いスウィーツをいっぱい買ってしまうことがある。コンビニで買うときは、値段も高いので、結構な出費になる」(32歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

・「ストレスがたまっていたり、生理前になるとなぜかお金使いが荒くなります。後日だいたいにしてなんで買ったのか自己嫌悪に陥ります」(34歳女性/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「資格試験に合格したときや、仕事上の大きな業務を達成できた等の自分へのご褒美として。逆に理不尽な事があってストレスを発散しなくては納まらないとき」(33歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「給料日には、バーッと一カ月頑張った自分に使いさってしまいます」(26歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「日々の仕事を頑張って、自分の誕生日くらいいつも買えないものを買っちゃおうと思って浪費します。あと、普段から服などにお金をかけてないのでボーナスが出たときなどいつもより浪費します」(29歳女性/医療・福祉/専門職)

過酷なストレスを抱える現代女性にとって、最後のオアシスが「買い物」なのかもしれませんね。つい購入してしまうものは「スイーツ」や「洋服」という意見が多数ありました。また、「ストレスがたまりにたまるとストレスの大きさに比例して色んなものを衝動買いしてしまう」(30歳女性/その他/販売職・サービス系)なんて、気になる意見も……。無駄遣いが気になるときには、その裏にある「ストレス」にも目を向けた方が良さそうですね。

■男性の意見

・「ストレスがたまっているとき。むしゃくしゃしているとき。お金を使うとなんかすっきりするので」(32歳男性/商社・卸/営業職)

・「仕事が遅くなったり、ストレスがたまったときに食事や遊びに浪費してしまうことがある」(31歳男性/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「以前ほしいものがあったがそのときは諦め、しばらく経ってセールなどで出ていたとき」(26歳男性/小売店/販売職・サービス系)

・「物に一目惚れしたとき。買い物に行って何気なく見ていたものに食指が強く動いたとき」(32歳男性/学校・教育関連/その他)

・「思わぬ収入があったとき。サラリーマンには臨時収入等皆無だから」(28歳男性/運輸・倉庫/営業職)

男性意見では「こだわりの品を我慢できない!」という回答が目立ちました。好きな物、手に入りにくい物、収集している物……。男性ならではの「こだわり」がショッピングにも表れているよう。普段がんばっているからこそ、衝動を抑えるのは難しいのでしょう。

■まとめ

男女の間には、「無駄遣い」にも認識の差があることがわかりました。恋人や異性の友人など、「また無駄遣いして!」なんて言いたくなることもあるかと思いますが、男女差について頭に入れておくことで、余裕を持って受け止められるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数女性201件男性203件(25歳〜35歳の働く男女)