写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクは5月11日、月額500円で利用可能な法人向けIoTクラウドサービス「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」の提供を開始した。

同サービスは、IoTを始めるにあたり「まずは使ってみたい」「コストを低く抑えたい」というニーズに対して、機器データ収集・見える化・アラート通知機能を、IoTゲートウエイからデータセンター側のアプリケーションまでワンストップで提供するといったサービス。

ユーザは同サービスに接続することで、IoTゲートウエイ1台からでも、IoTサービスを利用することができる。また同サービスは、アプリケーションプラットフォームを同社のクラウド上で運用し、閉域網で接続することで、セキュアな利用環境も提供される。

対応IoTゲートウエイ内のソフトウエアが、センサや機器から収集した生データを、直感的なUIを使って可視化できる値に変換することも可能で、アプリケーションプラットフォームのテンプレートを用いることで、グラフ・表・地図上での見える化も実現できるという。さらに、あらかじめ設定した閾値を超えた場合のアラート通知機能により、故障などの検知が容易となることから、従来の作業工数の削減も見込める。

同サービスの利用料は、データ送信間隔を10分、データ保持期間を60日とした場合、IoTゲートウエイ1台あたり月額500円(税別)。なお、センサなどの機器、IoTゲートウエイ、モバイル通信料金は上記利用料には含まれていない。

(石原由起)