写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アットマークテクノ、大日本印刷(DNP)、コネクシオの3社は5月11日、DNPのICカード技術を応用した機器への組み込み用のSAM(Secure Application Module)を搭載することで、高いセキュリティをIoT環境を提供するIoT実現するゲートウェイ端末を開発したことを発表した。

IoTの活用がさまざまな産業分野で進められようとしているが、これまでネットワークにつながることをあまり意識してこなかった組込機器におけるセキュリティ対策は十分とは言い難い。また、IoT機器は単価が安く、処理性能もそれほど高くないため、ソフトウェア処理によるセキュリティの確保も難しいという課題がある。

同端末は、アットマークテクノの組み込みプラットフォーム「Armadillo」をベースに、アットマークテクノとコネクシオが共同で開発したARM Cortex-A7搭載IoTゲートウェイ端末に、DNPのSAMを搭載することで、ハードウェアによるセキュア環境を実現したもの。端末(SAM)と認証サーバが個別に紐づけられているため、データの改ざんやなりすましといったことを容易に防ぐことが可能だという。

なお、同端末は2016年秋の発売開始を予定しており、3社では2018年までに約10万台の提供を目指すとしている。また、DNPではローレルバンクマシンと共同で、ローレルバンクマシンが提供する現金処理機などの安全性を確保しつつ、IoT技術を活用して遠隔保守を実現するサービスを開発し、2016年末おりテスト運用を開始する予定としている。

(小林行雄)