トレンドに大きな影響を受けず、しかも季節を問わずに着られるのが、ボーダーのカットソー。でも同じボーダーでもオシャレに全身がまとまる人と、部屋着と思われそうなダサい印象になってしまう人がいます。その差は一体何なのでしょうか?

今回は、ダサく仕上がってしまうコーディネート例とやってはいけないボーダーの選び方について考えてみます。

カジュアルなボトムスを合わせる

ボーダーについ合わせたくなる組み合わせが、デニムパンツ。でもボーダーは単体でカジュアル感がとても強いアイテムなので、それにデニムを合わせるとカジュアルすぎてしまい、部屋着の延長を抜け出せません。

合わせるのなら、デニム素材やコットン素材のようなカジュアルさを感じさせるものは避け、艶のあるガウチョパンツなどを選ぶのがおすすめです。

もしもデニムを組み合わせるのなら、ボーダーをふわっとしたトップスにして、ボトムスにはピタッと体のラインを見せて、色落ちのしていないスキニーを選ぶ方が良いでしょう。

ボーダーが太い

ボーダーの“普段着っぽさ”を増す要因として、ボーダーの太さにも注目したいもの。ボーダーが太ければ太いほどカジュアルな印象になり、細いほど“ちゃんと感”が出てきます。

ボーダーを着ても、カジュアルすぎず品のある大人の女性に見せたいのなら、細めのボーダーを選ぶのがマル。

また色についても、“白×黒”のような目立つ色の組み合わせよりも、“グレー×紺”など馴染みやすい色の組み合わせの方が、きちんとした感じに見えます。

丸首&切り替えがある

ボーダーのカジュアル感に大きく影響を与えるのが、首まわりのデザイン。丸首のタイプや首に切り替えがあると、子どもっぽく見えたり、パジャマのように見えてしまったりするかもしれません。

大人っぽく着こなせるボーダーは、ボートネックタイプやスクープドネックがおすすめ。

オシャレにボーダーを着こなすコツ

最後に今年のトレンドを意識した、ボーダーコーディネートについてご紹介しましょう。

一番おすすめなのは、今流行のゆったりとしたワイドパンツと組み合わせるコーデ。さらにボーダーの裾をフロントだけちょっとパンツにインすると、今年っぽさがアップします。

プチプラの代表ブランド、ユニクロのボーダーでも「えっ…それユニクロ!? “ボーダーを3倍オシャレに見せる”4つのコツ」 のポイントを抑えれば、ぐんとおしゃれ度が増すはずですよ。

夏を感じる季節になると、ボーダーを着たくなる女性もきっと多いことでしょう。そんなときは、ここで紹介したポイントをチェックしてみてはいかが?