ポテトチップスとしての特長も活かされた味わい

写真拡大

湖池屋は、2015年5月に発売した「ポテトチップス もも味」と「バナナ味」に続き、"あさ"をテーマとして、朝食マーケットをターゲットにした「ポテトチップス トースト味」、「ポテトチップス 牛乳味」を2016年5月30日より全国発売する。

「ポテトチップス トースト味」は、北海道産バターを使用し、食パンを焼いたときの香ばしい香りだけでなく、味わいもポテトチップスで表現することに挑戦。「ポテトチップス 牛乳味」は、牛乳の味わいと香りに加えて、カルシウムもチップスに込められている。

"朝用ポテトチップス"として、ポテトチップスをパン・米・グラノーラに次ぐ"第4の朝食"として育てるための活動を展開してきたという湖池屋。「トースト」と「牛乳」は、朝食のメインと認識されながらポテトチップスとしての特長を活かせる食材なのだそうだ。

いずれも内容量は50gでオープン価格。