11日、米ホワイトハウスがオバマ大統領の広島訪問を発表したことについて、複数の韓国メディアが「日本の“被害者コスプレ”を警戒してきた韓国では懸念の声が上がっている」などと伝えた。写真は広島。

写真拡大

2016年5月11日、米ホワイトハウスがオバマ大統領の広島訪問を発表したことについて、複数の韓国メディアが「日本の“被害者コスプレ”を警戒してきた韓国では懸念の声が上がっている」などと伝えた。

ホワイトハウスは10日、オバマ大統領が今月下旬に主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)のために訪日する際、安倍首相とともに広島を訪問すると発表した。現職の米大統領が広島を訪問するのは初めてとなる。アーネスト米大統領報道官は、オバマ大統領の広島訪問が「核兵器のない世界の平和と安全を追求するという継続した取り組みを強調するものだ」と述べた。また、オバマ大統領が広島への原爆投下について謝罪することはないという。

このニュースは韓国でも一斉に速報された。オバマ大統領の広島訪問について、朝鮮日報は「戦犯国家の日本に免罪符を与える可能性がある」と指摘した。YTNも「安倍首相が過去の侵略戦争や被害国家に対して心から謝罪していない中、加害者である日本が被害者に変わってしまう可能性があると懸念する声が出ている」などと伝えた。

この報道に、韓国のネットユーザーからは以下のような声が寄せられている。

「オバマ大統領が広島を訪問しても、日本が戦犯国という事実は変わらない」
「オバマ大統領は根っからの親日。日本が被害者に変わる前に、早く任期を終えてほしい」

「米国から謝罪を受けようという日本の意図が見える。韓国の国会議員は見ているか?これが“外交”だ」
「日本の外交力が素晴らしいことは認めよう。それに比べて朴大統領は…」
「日本の首相も韓国に来て、過去の歴史と向き合うべき」

「日本はなぜ“被害者”の過去だけを直視する?」
「日本は今でも慰安婦被害者を苦しめている。それなのに被害者コスプレを?あきれてものが言えない」

「日本に良心があるのなら、まずは安倍首相が真珠湾を訪れて反省、謝罪するべきではないか?オバマ大統領は何を考えているんだ?」
「数年後の日本の教科書には『オバマ大統領が謝罪した』と記載されていることだろう」
「これだから中国や韓国は米国を信じられない」(翻訳・編集/堂本)