「DxO One」はiPhoneのカメラをさらに本格的にしてくれる

写真拡大

iPhoneに直接つなぐだけで、プロ並みの素晴らしい写真が撮れる小型高画質カメラ「DxO One」は「アリ」かもしれない。『WIRED』US版の正直な製品レヴュー。

SLIDE SHOW 「「DxO One」はiPhoneのカメラをさらに本格的にしてくれる」の写真・リンク付きの記事はこちら
dxoone02

2/8PHOTOGRAPH COURTESY OF DXO

dxoone03

3/8PHOTOGRAPH COURTESY OF DXO

dxoone04

4/8PHOTOGRAPH COURTESY OF DXO

dxoone05

5/8PHOTOGRAPH COURTESY OF DXO

dxoone06

6/8PHOTOGRAPH COURTESY OF DXO

dxoone07

7/8PHOTOGRAPH COURTESY OF DXO

dxoone08

8/8PHOTOGRAPH COURTESY OF DXO

Prev Next

iPhoneのカメラはかなり高性能だが、大型レンズの写真専用カメラと同じ品質とまではいかない。スマホはいろんな機能が搭載されてどこでも使えて便利だが、[カメラという点では]クオリティと使い勝手には、目をつぶらなければならない。

そのユーザーのニーズに目を付けたのが、超小型高品質カメラ「DxO One」だ(価格499ドル)。

DxO OneはiPhoneやiPadに接続できる「手のひらサイズ」で、写真をプロ並みのパフォーマンスへと変身させるカメラだ。1インチ、約2,000画素のセンサーに、最大絞りf/1.8をもつ高性能レンズ。専用ソフトウェアによりさまざまな撮影モードを選ぶこともできるし、すべてマニュアル操作することも可能だ。DxO OneをiPhoneとLightingケーブルでつなぎiOSアプリを起動すれば、あなたのiPhoneに映る写真は、まるでNikon Dのファインダーを覗いたかのような写真になるのだ。

WIRED

なんといっても驚くほど素晴らしい写真が撮れること。しかもかなり小型なので、取り外してどこへでも持って行ける。頑丈なイカついデヴァイスに感じられるが、それでいてiPhoneに取り付けると手にしっくり馴染む。アプリはとても使いやすく、しかもダウンロードしてカメラをつなげばすぐに使える。

TIRED

iPhoneアクセサリーに500ドルという価格は、考えものだ。600ドル出せば多機能ポケットカメラが手に入る。とはいえ、もちろんポケットカメラはiPhoneと連動したりはできないし、お気軽な感じでもない。

問題点もある。期待されたほど動作が機敏ではない。テスト中に何度かクラッシュしたりもした。また本体自体が発熱することもあり、オーヴァーヒートした時に電源を落としたら、写真のバックアップが失われてしまったことがあった。

カメラ本体とiPhoneを接続するのは簡単だ。カメラ側面の下の方にあるレンズカヴァーをしばらくスライドさせたままにすれば、Lightningプラグが出てくるが[ギャラリー#3,4]、プラグを無理やり引き出さないように注意が必要だ。

評価

使ってほんとうに楽しめる製品だし、実際に美しい写真を撮影することができる。価格が気になるのと、クラッシュの問題が解決すれば、といったところか。