写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Vormetric(ボーメトリック)と聖マリアンナ会は5月10日、聖マリアンナ会が患者の個人情報をはじめとした重要データを保護するため、Vormetricの暗号化ソリューション「Vormetric Data Security Platform」を導入したと発表した。

今回導入した暗号化ソリューションは、暗号鍵とポリシーを管理する「Vormetric Data Security Manager (Vormetric DSM)」を搭載したアプライアンス「DSM V6000」および、データ暗号化エージェント・ソフトウェア「Vormetric Transparent Encryption」で構成。

同ソリューションは保護対象となる医療事務系システム、および管理事務系システムのファイル・システム層に暗号化エージェントを常駐させ、DSM V6000で集中管理するが、データの暗号化/復号化(解除)は暗号化エージェントがポリシーに従い、自動的に行うため対象となる既存システムに変更を加えることなく、暗号化エージェントをサーバに追加するだけで、導入を可能としている。

また、Vormetric Data Security Platformは暗号化やアクセス制御による性能劣化を最小限に抑えている。今後、聖マリアンナ会は暗号化の対象を基幹システムを始めとする各システムに拡大していく計画で、Vormetricのソリューションは多様なアプリケーションが稼働しているマルチベンダー環境でもアプリケーションに依存せずに適用できる点も選定のポイントとなったとしている。

聖マリアンナ会は盗難や紛失のリスクを防ぐために、従来は院内では固定したPCを使用していたが、院内貸出PCを院内で持ち歩けるようにし、利便性を高めたほか、Vormetric Transparent Encryptionの導入により、院内貸出PCが万一盗難に遭い院外に持ち出されても、データを悪用される不安を解消できたという。

(山本善之介)