『白い帽子の女』 ©2015 UNIVERSAL STUDIOS

写真拡大

アンジェリーナ・ジョリー・ピット監督の映画『白い帽子の女』が、9月から東京・シネスイッチ銀座、渋谷シネパレスほか全国で順次公開される。

【もっと画像を見る(9枚)】

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの夫妻が作り上げた同作は、1970年代のフランス・マルタ島が舞台。ある出来事をきっかけに距離を置くようになったアメリカの小説家・ローランド、妻ヴァネッサの夫妻の物語を描いた作品だ。

ブラッドとアンジェリーナ・ジョリーが夫婦役を演じるほか、ハネムーンで彼らと同じホテルを訪れる若いカップル役に『私はロランス』のメルヴィル・プポー、『イングロリアス・バスターズ』のメラニー・ロランがキャスティングされている。

なおブラッドとアンジェリーナ・ジョリーが共演するのは、2人が出会ったきっかけだという『Mr. & Mrs. スミス』以来10年ぶりとなる。アンジェリーナは脚本も担当し、ブラッドは共同製作者にも名を連ねている。