10日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、米海軍イージス駆逐艦が同日、南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島のファイアリクロス(永暑)礁の近海で「航行の自由」作戦を実施した。資料写真。

写真拡大

2016年5月10日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、米海軍イージス駆逐艦が同日、南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島のファイアリクロス(永暑)礁の近海で「航行の自由」作戦を実施した。

米国防当局者が明らかにしたところによると、米海軍イージス駆逐艦は10日、中国が永暑礁を埋め立てた人工島から12カイリの海域内を航行した。中国が南シナ海で強硬な海洋進出を続けていることをけん制するため、米国は昨年から「航行の自由」作戦を実施しており、今回が3回目だという。中国の外交部と国防部はそれぞれ、米艦船の航行は挑発行為だと批判した。

この報道に、米国のネットユーザーから、「中国は次には、太平洋は自国のものだと主張するだろう」「中国の海洋進出は法外に大がかりで不適切なものだ。今からどうにかしようとしても遅い」「米国はまた面目を失うだろう。中国が引き下がるだろうと考えるのはあまりに考えが甘い」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/蘆田)