写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ニフティは5月10日、中小企業向けトータルIT支援サービス「まかせて情シス」提供開始したと発表した。

「まかせて情シス」は、企業向けのセキュリティ対策とバックアップ対策をWebブラウザから一元管理できるほか、ITに関して困った時に専門スタッフのサポートを受けられるサービス。電話やチャットでのサポートに加え、スタッフが定期的に訪問してIT全般のコンサルティングやIT資産管理、PCメンテナンスを実施することも可能。

企業のIT活用をシステムと人材の両面からサポートすることで、中小企業によく見られる「ひとり情シス」や「情シス不在」の状態を解消し、社員が本来の業務に集中して取り組めるよう支援するという。

トレンドマイクロのセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス」とAOSデータのバックアップ対策ソフト「AOSBOX Business」を提供することで、情報端末のセキュリティ/バックアップ対策を行う。ソフトをインストールした端末はWebブラウザから一元管理できる。

ITトラブルやPC操作に関する質問などに対しては、電話、チャット、遠隔画面操作でヘルプデスクが対応する。プレミアムプランでは、IT活用相談やIT資産管理支援、PCメンテナンスなどを行う定期訪問サポートも提供するほか、有償オプションとして、ヘルプデスクで解決できないトラブルを訪問対応する「スポット訪問サポート」を提供する。

初期費用は無料。月額料金(すべて税別)は、ライトプラン(3台〜30台)が3900円〜1万8000円、スタンダードプラン(5台〜30台)は2万5000円〜4万円、プレミアムプラン(5台〜30台)は4万5000円〜6万円。また、スポット訪問サポートは、1回当たり1万8000円(プレミアムプランの場合は1回当たり1万5000円)となる。

(山本明日美)