武田久美子が実践する変わったニキビケア法とは?

写真拡大

 娘・ソフィアさんの眉間の中央にできてしまったニキビ。母である女優の武田久美子さんは、なんとそのニキビ治療のために、塗り薬を塗るでもなく「アーティチョーク」という野菜をゆでて食べさせていました!

 アーティチョークとは、別名「朝鮮アザミ」ともいわれるちょっと変わった見た目の野菜。まるでブロッコリーにも、キクのつぼみにも見えるこのアーティチョークは、地中海沿岸を原産とするもので、古代ローマ・ギリシャ時代にはすでに食べられていたといわれています。

 武田さんによれば、このアーティチョークは解毒効果が高いのだとか。体の解毒を行う肝臓の機能を高める力があるそうで、その食感はユリ根や里いもに似ているといわれています。

 上から塗って治すのより先に、身体の内側から解毒してあげる。武田さんのその精神は、お子さんに対する教育の意味もあったのだとか。ぜひ見習いたいものですね。

 そしてもう一つ、アーティチョークのゆで汁でいれたというお茶も飲ませていて、こちらもデトックス効果があるそうですよ。