PFCを知らずにダイエットはできない!で、PFCって?【元アイドル22kgヤセへの道】
<元SDN48・なちゅ【22kgヤセへの道】23話>

 22kgの減量に成功しました、なちゅです! 現在も真夏に向けてダイエット中です。

 ところでみなさん、ダイエットに必須なワード「PFC」って知ってますか? 何かの略語?

 そうです。P…パニック…F…フェイス!? じゃないです。PK…サッカー用語でもないです、違うんです!

◆「PFC」を知らずにダイエットはできない!

「ピーエフシー」は、実は
P プロテイン=たんぱく質
F ファット=脂質
C カーボハイトレード=糖質
のことです。

 PFCバランスは「三大栄養素」と呼ばれ、Pの「プロテイン」は、なちゅもしている「筋トレ」の直後に飲むことでも有名です。

 最近よく「プロテインって太るの?」なんて聞かれますが、プロテインって名前のジュースじゃないです。ただの「たんぱく質」を英語で「プロテイン」っていうんです。

 プロテインの粉を水に溶かしたドリンクは、1杯のカロリーが約110〜130kalのものが多いです。牛乳で割った方が美味しいし飲みやすいんですが、カロリーが倍ぐらいになる。飲み過ぎたらそれは太ります。

 世の中の女子はダイエットに興味があるのに、オシャレじゃないプロテインとかにはうとい。でもダイエットには必須の知識です!

※なちゅがPFCの計算に愛用しているサイト「Slism」の計算ツール「カロリーSlism」。食材と分量を入力すると、カロリー、PFCバランス、栄養素が表示される。
http://calorie.slism.jp/

 この「PFCの摂取量のバランス」がダイエットにはとても大切だってことを知ってましたでしょうか?

「たんぱく質15%、脂質25%、炭水化物60%」という数字が、厚生労働省が推奨しているPFC摂取バランスです。

◆健康的に痩せるPFCバランスは?

 ここ数年、炭水化物(糖質)抜きダイエットが流行して注目されていますよね。私も昨年からやってました。

 スタンダード糖質制限食(朝食と夕食の主食抜き)として、

「たんぱく質28%、脂質45%、炭水化物27%」を提唱する人もいます。

 でも、意外と今の日本は、炭水化物の摂取量が減って、脂質を摂りすぎになってきているそうです。日本人の脂質摂取量が増えてPFC比も欧米型になってきているので、生活習慣病が心配…という記事もみかけます。なちゅもそう思います。

 例えば普通の女性の1日の消費カロリー2000kalで計算すると、1食の平均的なPFCバランスは「P:75g、F:56g、C:300g」ぐらいになります。

 ダイエット中の摂取カロリーを1400〜1600kcalだと考えると、もっと少ない。1食でPFCバランスが「P:65g、F:50g、C:250g」ぐらいが理想なのかな。

 少ないねー。元デブの私にとってはC(炭水化物・糖質)250gなんて一瞬です。

◆ダイエットに“奇跡の方法”なんてない

 なちゅのPFCバランスを計算した表をチラッとお見せしちゃいますね。

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=512704

 なちゅが今目指しているPFCバランスは、5:1:4です。

 高タンパク食のバランスの取れた食事。これが死ぬほど難しい…。全然できないです。

 ボディジャパン日本大会に向けて一段階ギアを上げたハードな食事で、キツいです。さすが元デブな食い意地張った自分に嫌気がさします。

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=512705

 こんなバランスも見ないといけないなんて、ダイエットって極めるとキリがない。でも最近はそんなことを考えるのも少しは楽しいかな。←きもい!?

 結局ダイエットの基本は、PFCバランスを計算して調節すること。

 炭水化物は0にはしない。脂質をなるべく控える。高タンパクな食品をとることが大切なのですよね。え? めんどくさい?