ルワンダに、爆弾ではなく血液を──ドローンスタートアップ・Ziplineの挑戦

写真拡大

ルワンダでの輸血用血液の輸送に、ドローンを活用する計画が進められている。新たな配送テクノロジーは、複雑な空域管理などの問題を抱える欧米諸国よりも、規制の少ないアフリカこそが土壌として理にかなっている。

「ルワンダに、爆弾ではなく血液を──ドローンスタートアップ・Ziplineの挑戦」の写真・リンク付きの記事はこちら

ドローンは、大きく「軍事用」と「おもちゃ」の2種類に分けられる。さらに、アマゾンはドローンを配達に使用しようとしているし、フェイスブックはいまだネット接続が十分でない土地に接続環境を届けるために使おうとしている。

誰もが、ドローンの有効活用を考えているが、Ziplineというカリフォルニアのスタートアップは、より「実用的」なプランをもっている。

Ziplineが立てている計画は、年内にUPSならびにワクチン販売業者のGaviと共同で、ルワンダに数多くのドローンを展開して医療品を配達するというものだ。15機の自動操縦ドローンをハブから発進させ、ルワンダ西部の随所に配置した21カ所の医療施設に、毎日150回の配達を可能にしようというのだ。

このドローン技術を喜んで受け入れたルワンダ政府は最近、ドローン利用については非常に先進的なガイドラインを認めている。

役に立つのは、いつでも使えるもの

Ziplineは、騒がしいのは放牧された牛くらいというカリフォルニア州北部で自社ドローンの設計、製造とテストを実施している。彼らの試作ドローンは、発射用の輪ゴムや油紙でつくったパラシュートなど原始的な部品を使用していて、外観もまさに試作品のそれだ。

しかし、こうしたローテクな手法によってコストを削り、機構を単純化することに成功している。搭載するキャリアとパラシュートの製造コストは50セント程度で、一度使用したら廃棄するように設計されている。

創業者兼CEOのケラー・リナウドが言うには、一般的なクワッドコプターは「理想的な天候下でしか動作せず、予期せず墜落することがある」ため、Ziplineは固定翼のドローンを選んだ。「人は理想的な天気になるのを待って病気になったりするわけではありません。いつでも運用できるものでなければならないのです」と、彼は言う。

Watch this on The Scene.

RELATED

ルワンダ国内の道路は、その75パーセントがいまだ舗装されておらず、雨期には頻繁に冠水してしまう。トラックやオートバイの通行が不可能となることもあるため、ドローンは理にかなっているというわけだ。

リナウド氏は、自社のサーヴィスはオートバイによる配達と比較しても価格面で匹敵するうえ、配達時間も大幅に短縮できると考えている。また、将来的にはハブを増設することで、配達対象を全人口である1,100万人にまで拡大できると言う。

規制なき国で、テクノロジーは進化する

サーヴィスのプロセスは、次の通りだ。まず、医師あるいは看護師が携帯電話のテキストメッセージで物資を請求する。ドローンの操縦者が物資をクッション付きの段ボール箱に詰め込み、ドローンの胴体部に配置する。そして機首に新しい電池を取り付け、iPadからフライトプランをアップロードする。

電気モーターが2つ備わったドローンは、油圧カタパルトから離陸し、フライトプラン上のGPS座標へ自動的に飛行する。時速約60マイルで巡航し目的地に到達したドローンは、45フィートまで降下し、積載物を投下する。高性能なソフトウェアで風速などを計算し、自動車約4台分の駐車スペース相当の大きさの目標に落とすことができる。

Ziplineが注力するのは輸血のための血液輸送で、外傷治療のため、あるいはアフリカの妊産婦にとって死亡原因になることが多い出産後の出血に対する治療が主な目的だ。送電が不規則な地域では血液を保存することが困難なため、それぞれの地域に保管された多くの血液や薬もすぐに廃棄されてしまう。だからこそ一極集中的に保管し、配送するほうがはるかに理にかなっている。

UPSの慈善部門であるUPS基金の代表、エド・マルティネスが言うには、同社はZipLineに対して80万ドルの資金と、流通に関する専門的な知識を提供している。彼はドローンを用いた配達についての知見は、UPSにとっても利益となると言う。

ドローン基地は輸送コンテナに収められるので、仮に自然災害が起きたときも、適切な地点への配備が容易だ。ZipLineのほかにも、グーグルのプロジェクト・ウィングは災害支援物資を届けようとしているし、ビル & メリンダ・ゲイツ財団はワクチン輸送ドローンの可能性を模索している。

ドローンの人道的な活用は、戦争や監視といった目的が連想されがちなテクノロジーがより広く受け入れられるのに効果的だ。とくに、ルワンダのように規制が少なく、空域も複雑でない国においてテストが進めば進化は早まり、米国や欧州などに先んじた配達のかたちを構築できる可能性もある。

「必要な場所に物を速やかに届けられる、洗練された解決策が必要です」と医師でもあるGaviのCEO、セス・バークリーは言う。ここではドローンは、爆弾を投下して命を奪うのではなく、血液を投下して命を救うことができるのだ。

160511zipline_02