10日、中国福建省三明市泰寧県開善郷で発生した土砂崩れで、同日午後1時現在(現地時間)35人の死亡が確認された。依然1人の行方が分かっていない。写真は救援作業の現場。

写真拡大

2016年5月10日、中国福建省三明市泰寧県開善郷で発生した土砂崩れで、同日午後1時現在(現地時間)35人の死亡が確認された。依然1人の行方が分かっていない。中国新聞網が伝えた。

8日午前5時ごろに発生した土砂崩れに関して、同日午後8時半に41人が行方不明であると発表され、10日までに5人と連絡が取れている。土砂崩れにより14人が病院に搬送され治療を受けていたが、うち4人が退院した。当局は残りの行方不明者の捜索を続けている。(翻訳・編集/内山)