写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アシストは5月10日、BRMS(ビジネスルール管理システム)「Progress Corticon」の新バージョン5.5を同日より提供開始することを発表した。

Progress Corticonは、ビジネスルールの変更をコーディングレスでシステムに反映することができ、開発や変更に費やされる作業時間を短縮することができるビジネスルール管理システムで、今回、提供を開始する最新バージョンでは、ルールモデリングを効率化する機能が向上された。

主な機能強化点はアプリケーションとProgress Corticon間の連携強化と既存のビジネスルールの取り込み機能の強化、ルールフローの柔軟性の向上が挙げられる。

アプリケーションとProgress Corticon間の連携強化では、アプリケーションからルールを呼び出すためのプロトコルとして、新たにREST APIとJSONに対応し、ルールの実行証跡をデータベースやログファイルなどに保存できるようになった。

また、既存のビジネスルールの取り込み機能の強化ではProgress Corticonへのルール登録を効率化するために、Microsoft Excelシートに記述された業務ルールを一括でインポートできる。

さらに、ルールフローの柔軟性の向上として、ルールの実行順の視認性や保守性を向上させるためルールの適用順序をグループ化したルールフローを別のルールフローから呼び出すことを可能とするほか、ルールの適用順序をグループ化したルールフローにおいて、ある条件が満たされているかどうかにより、適用するルールを切り替えるように条件分岐を設定できるようになった。

そのほか、Corticon Studioの動作環境として64bit OSに対応し、運用面では、Corticonサーバを管理するWebコンソールが追加され、複数のCorticonサーバの稼働状況の確認やソースの一括配信などの統合管理が行えるという。

(辻)