画像

写真拡大

 電通アイソバーとSutrix Solutionsは4月28日、アドビのデジタルマーケティングソリューション「Adobe Marketing Cloud」のコンサルティング・開発における業務提携を結んだ。

 電通アイソバーとSutrix Solutions(以下、Sutrix)は4月28日、アドビのデジタルマーケティングソリューション「Adobe Marketing Cloud」のコンテンツ管理基盤である「Adobe Experience Manager」、クロスチャネルキャンペーン管理ソリューション「Adobe Campaign」を中心に、コンサルティング・開発における業務提携を結んだ。

 これにより、電通アイソバーの統合的なデジタルソリューション力と、Sutrixの技術力を融合させ、企業のマーケティング活動に対する支援体制を強化。そして、Adobe Marketing Cloudの導入、活用におけるコンサルティングサービスと開発・保守サービスの提供を進める。

 Sutrixはベトナムに開発拠点を置く企業で、エンジニアを300人以上抱え、数多くのAdobe Experience Managerの開発をUSやヨーロッパ、APAC市場へ提供してきた。一方、電通アイソバーもAdobe Marketing Cloudを活用したビジネス課題解決を支援しており、両社の強みを融合させるため、今回の提携に至った。

MarkeZine編集部[著]