写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Amazonは5月10日(現地時間)、セルフサービス型のビデオ配信プログラム「Amazonビデオダイレクト」を発表した。Amazon Videoに組み込まれた新プログラムで、動画クリエイターがAmazonユーザーにビデオコンテンツを配信し、ストリーミング時間に応じた報酬、広告、レンタル/販売といった様々な方法でコンテンツを収益化できる。YouTubeのパートナープログラムと競合するプログラムになりそうだ。

Amazonビデオダイレクトを利用するビデオクリエイターは自分の国だけではなく、Amazon Videoが提供されている米国、日本、ドイツ、オーストリア、英国でビデオコンテンツを配信する国を指定できる。ビデオダイレクトのコンテンツは、Fire TV、Kindle Fire、iOSデバイス、Androidデバイスなど、Amazon Videoを利用できる全てのデバイスで視聴可能になる。

Amazonビデオダイレクトを利用するメリットは、Amazonのサービスを通じてAmazonユーザーに作品や番組を提供できることだ。たとえば、Prime Videoを通じてコンテンツを提供できる(プライム会員特典タイトル)。Prime Videoは、有料会員サービス「Amazon Prime」のメンバーに提供されている見放題サービスだ。プライム会員特典タイトルには、ストリーミング再生時間に応じてビデオの権利保有者に報酬(ライセンス料金)が支払われる。米Amazonの契約では米国が0.15ドル/時間、その他の地域が0.06ドル/時間となっている。さらに人気作品へのボーナスが用意されており、上位100タイトルに総額1,000,000ドルのボーナスが毎月配分される。プライム会員特典タイトルのすべてが自動的にボーナスの審査対象になり、上位タイトルはグローバル規模の視聴者からの人気度で決まる。シリーズものの作品や番組のサブスクリプション形式の提供も可能。プライム会員特典タイトル以外にも、レンタル・デジタル購入(ビデオ提供者の取り分は価格の50%)、広告スポンサーアクセス(ビデオ提供者への支払いは広告収益の55%)を選べる。

ビデオ提供者は、ストリーム時間、サブスクライバー数、収益見込み、支払い履歴といったパフォーマンスデータを随時確認でき、収益の最大限化やコンテンツの販売促進など最適化に取り組める。

(Yoichi Yamashita)