本郷で楽しむアートな空間、おいしいコーヒー、リノベカフェの魅力

写真拡大 (全5枚)

本郷といえば東大。ちょっと歩けば後楽園や御茶ノ水、人気の谷根千エリアにもほど近く、一歩路地を入ればひっそりと今でも古き良き時代の町並みが残る場所です。
宮沢賢治や樋口一葉の旧居跡があり、明治から昭和期に多くの文人が居を構えた地としても知られています。
カフェもアートも楽しめる

そんな本郷で最近気になるスポットが「FARO Coffee & Catering」。本郷三丁目の駅から徒歩1分、通り沿いに建つレトロなビルをリノベしたカフェです。

築80年を超えるビルは界隈でもひときわ目をひく存在感で、以前は雀荘として使われていたものがこのたび晴れておしゃれなカフェとしてオープンしました。

打ちっぱなしの壁が印象的な広々とした店内では、三軒茶屋の人気コーヒー店「OBSCURA COFFEE ROASTERS」によるスペシャリティコーヒーをメインに、自家製ジンジャーエールや自家製ジンジャーミルクティなど、こだわりのおいしいドリンクがいただけると人気です。
もちろん、スイーツをはじめとしたカフェメニューも充実しているので、小腹が減ったときやランチ利用も可。おすすめはチキンとトマトを煮込んだ「FAROカレー(単品800円/ランチ1,000円)」や「エスプレッソとベリーのチーズケーキ(500円)」など。
おもしろいのが、カフェの一角にある「Gestalten Kiosk」。

ベルリンの有名なビジュアルアートブックの出版社ゲシュタルテンの本が並ぶライブラリースペースで、アート、ファッション、建築、グラフィックデザインなどを軸としたユニークでクリエイティブな本を自由に手にとることができるようになっています。
パラパラとアートブックのページめくりながらのコーヒータイムはちょっとした息抜きにぴったりで、アートやデザインが好きな人は思わず長居をしたくなるかもしれません。
奥にあるイベントスペースでは、随時さまざまな展示やワークショップも開催されているとのことなので、気になる人はぜひFacebookページをチェックしてみてください。
本郷界隈でゆっくりとカフェタイムを楽しみたいときや、散策の途中に立ち寄りたいお店です。

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。