100年に約13回。水星が太陽を横切ったよ #mercurytransit

写真拡大

アメリカ時間の9日、太陽と水星と地球が一列に並び、水星が太陽を横切る現象「マーキュリートランジット」が観測されました。
約7時間にわたって、小さな水星が巨大な太陽を横切っていく姿はなんとも神秘的で力強さも感じます。その様子をまとめた映像はNASAのインスタグラムでご覧ください。世界各地のユーザーから感動のコメントであふれています!

Today's #‎MercuryTransit‬ in full from our Solar Dynamics Observatory: For more than seven hours today, Mercury was visible as a tiny black dot crossing the face of the sun. This rare event - which happens only slightly more than once a decade - is called a transit. The 2016 Mercury transit occurred on May 9th, between about 7:12 a.m. and 2:42 p.m. EDT. Transits provide a great opportunity to study the way planets and stars move in space- information that has been used throughout the ages to better understand the solar system and which still helps scientists today calibrate their instruments. Although Mercury whips around the sun every 88 days - over four times faster than Earth - the three bodies rarely align. Because Mercury orbits in a plane 7 degrees tilted from Earth's orbit, it usually darts above or below our line of sight to the sun. As a result, a Mercury transit happens only about 13 times a century. The last one was in 2006, and the next one isn't until 2019. Credit: NASA/SDO #nasa #space #astronomy #science #mercurytransit #solar #sun #mercury #solarsystem #planet #planets #orbit #shadow
NASAさん(@nasa)が投稿した動画 - 2016 5月 9 2:40午後 PDT

地球と水星は、太陽の周回軌道の傾きやその周期が違うため、3つの天体が一列に並ぶのはとても珍しいことなのだとか。100年に約13回起こると考えられており、次回みられるのは、2019年になるそうです。

CNN en Españolさん(@cnnee)が投稿した写真 - 2016 5月 9 6:46午前 PDT

こんな貴重な映像や画像が気軽に手元で見られるなんて、本当に便利な世の中になったなぁと思いつつ、遠い遠い宇宙の天体ショーに胸が熱くなってしまいました。
[NASA Image of the Day](マイロハス編集部)

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。