ハイレベルな争い続くCBは麻也を意識!? U-23代表DF岩波「常に高い競争をやり続ける」

写真拡大

 ハイレベルな争いが続くポジションだ。鹿島でリーグ戦全試合フル出場を続けるDF植田直通、今季加入した川崎Fでレギュラーの座を奪い取って全試合先発出場を続けるDF奈良竜樹、そして次節こそ出場停止になったものの神戸で全試合フル出場のDF岩波拓也。3人はともに刺激し合いながら、成長を続けている。

 ガーナ戦を翌日に控えた前日練習でも、誰がレギュラーを務めるかは分からない状況だった。岩波と奈良がコンビを組んでフォーメーション練習をこなせば、途中からは植田が奈良の隣に入ってプレーを続けた。清水で全試合先発出場を続けるDF三浦弦太を加えたハイレベルな争いが続く現状を岩波は歓迎している。

「皆Jリーグで調子が良いし、誰が出ても結果を残せるようにしたい。CBでJリーグでもトップの争いができているのは本当に良いことだと思うし、常に高い競争をやり続けたい」

 ケガ人が続出しているU-23日本代表において、CBは盤石なポジションと思われる。しかし、前日の取材対応で手倉森誠監督は「アタッカーは(大久保)嘉人を追い越さないといけないし、中盤は長谷部(誠)を追い越さないといけないし、ディフェンダーは(吉田)麻也を追い越さないといけない」と固有名詞を出してU-23代表戦士に発破をかけた。

 燃えないわけがない。岩波はオーバーエイジについて「いろいろな意見があると思うし、メダルを取るために必要なメンバーを監督が選ぶだけ」と前置きしつつも、「ガーナ戦もトゥーロン(国際大会)もU-23の選手だけで戦うので、そこで結果を出せば(オーバーエイジの)必要もなくなると思う」と力強く語った。

 しかし、まずは五輪メンバーに選ばれなければならないことも重々承知している。「オーバーエイジを意識するより、五輪に行きたい気持ちを持ち続けて実現したい」と語ったようにリオ行きの切符を手に入れるため、翌日に控えたガーナ戦で結果を残すことだけに意識を集中させた。

(取材・文 折戸岳彦)


●リオデジャネイロ五輪特集