中国人旅行客の間で温水洗浄便座が人気となり、日本を訪れては爆買いする様子が大きな注目を集めた。日本メーカーの温水洗浄便座の質がそれだけ高く、中国人消費者の生活の質を高める製品であることを示す事例と言える。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国人旅行客の間で温水洗浄便座が人気となり、日本を訪れては爆買いする様子が大きな注目を集めた。日本メーカーの温水洗浄便座の質がそれだけ高く、中国人消費者の生活の質を高める製品であることを示す事例と言える。

 温水洗浄便座の爆買いは、日本の「トイレ」そのものが中国人の心を捉えた結果と言い換えることもできるだろう。日本のトイレが清潔かつ快適であるからこそ、日本のトイレに設置されている温水洗浄便座が売れたと考えられ、日本のトイレが不潔で不快な空間だったら、温水洗浄便座の爆買いもなかったはずだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人が温水洗浄便座を爆買いしたことは「日本がそれだけトイレを重視し、衛生環境を重視していることを示す事例でもある」と伝え、中国人は日本のトイレに憧れ、温水洗浄便座を爆買いしたとの見方を示している。

 記事は、日本のトイレは「使用者の立場になってよく考えられている」と伝えたうえで、トイレの個室のドア内側には上着掛けが設置されており、強度もしっかりしていると紹介。中国のトイレも近年は上着掛けが設置されるようになってきたとしながらも、強度に問題が有り、ちょっとでも重いものをかけると壊れそうになるため不安で使えないと指摘した。

 また、日本のトイレにはベビーチェアが設置されているケースがあるとしたほか、女性トイレには他人に聞かれたくない音をかき消してくれるトイレ用擬音装置も設置されていると紹介し、「日本のトイレは本当に人間本位だ!」などと絶賛している。中国を訪れたことのある人ならば、中国のトイレがいかに日本とかけ離れた存在かを知っているだろう。温水洗浄便座を買い求めた中国人は今、トイレに快適さや清潔さを求め始めており、公共のトイレもぜひ日本のように清潔かつ快適なものにしてもらいたいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)