10日、韓国外交部当局者は日韓両政府が昨年末に合意に達した慰安婦問題に関連して、「財団の支援対象は死亡者も含む」と述べた。写真はソウルの日本大使館前の慰安婦少女像。

写真拡大

2016年5月10日、中国新聞網によると、韓国外交部当局者は同日、日韓両政府が昨年末に合意に達した慰安婦問題に関連して、「財団の支援対象は死亡者も含む」と述べた。

同当局者は財団の設立について、「5月中に財団設立準備委員会を発足させる」とした。また、日本政府が拠出するとした10億円の使い道について、「記念館や記念碑の建設など、被害者支援に使われる」とし、生存者も死亡者もその対象となることを明らかにした。

韓国政府が認定している慰安婦被害者は238人で、生存者は現在44人となっている。(翻訳・編集/北田)