U23代表がガーナ戦へ最終調整…手倉森監督「勝つことに全力を尽くしたい」

写真拡大

 手倉森ジャパンがチーム発足以来初となるアフリカ勢との戦いに臨む。U−23日本代表は10日、ガーナ戦に向けて会場となるベストアメニティスタジアム(佐賀県)で公式練習を実施。手倉森誠監督は「勝つことに全力を尽くしたい」と意気込みを示した。

 練習には、ケガのためにチームを離脱したMF伊東純也(柏レイソル)に代わって追加招集されたMF為田大貴(アビスパ福岡)も合流。メンバー発表の際に手倉森監督が宣言していた通り、4−4−2のフォーメーションで練習を行った。ハーフコートを使った11対11の紅白戦やセットプレーの確認を中心に約1時間の練習を終えた。

 今回のガーナ戦は、リオデジャネイロ・オリンピック初戦の対ナイジェリアを想定しており、身体的な特徴やしなやかなプレー、ディフェンスリーチの長さへの対応が求められる。手倉森監督は、「彼らのスキを突いていくようなゲームに持ち込めればと思います。そこには勝ちに行く姿勢がなければ、スキを突く勇気も持てない。体で体感しながら、頭はしっかり勝ちに行く」と勝利を前提に、“仮想ナイジェリア”を試す構えだ。

「非常にタフなゲームを強いられると思います。(相手の)フィジカル(の強さ)とゴールに向かう本能的なプレーに対して、自分たちのリアクションが必要になってくる。そこでのゲームコントロール力をしっかり発揮したい。オープンな展開にさせられた時にも、球際・身体能力のところにどこまで通じて、何を工夫しないといけないのかということを、ぜひ選手たちに体感してもらいたい」

 また、この試合は「MS&ADカップ 2016 〜九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本〜」として開催される。指揮官は「『単なる強化試合ではない』という話を選手たちにはしました。リオ五輪での我々の可能性を来てくれるサポーターに示さなければいけない。加えて、熊本地震の被害に遭われた方々、被災地に対して我々が希望となれるような試合をしなければいけない」と力を込めた。