「失敗を褒める文化」を育ててきたスタートアップ大国イスラエル

写真拡大

人口わずか800万人の小国が、世界と対等に渡り合っていられるのはなぜか。そこには、イスラエルが抱える歴史的背景や社会環境が関係している。イスラエルにおけるスタートアップの最前線を知るVertex Venture Capital マネジングパートナーのデイヴィッド・ヘラーが語る、国が成長していくために選択した方法とは。(2014年11月25日発売『WIRED』日本版VOL.14より転載)

「「失敗を褒める文化」を育ててきたスタートアップ大国イスラエル」の写真・リンク付きの記事はこちら

デイヴィッド・ヘラー|DAVID HELLER
イスラエルの大手ヴェンチャーキャピタル投資会社、Vertex Venture Capitalのマネジングパートナー。プライヴェートエクイティとヴェンチャーキャピタル投資の分野で、18年にわたり活躍。エルサレムのヘブライ大学で法学士を、京都大学で法学修士を取得している。

INFORMATION

『WIRED』VOL.22「イスラエル ゼロワン国家の夢」

雑誌『WIRED』日本版のVOL.22「病気にならないカラダ」の第2特集では、“生まれながらのスタートアップ・ネイション”、イスラエルのテック&ビジネスシーンを紹介。起業家たちのリアル、水がないからこそ発達させることのできた桁外れの水技術、大物VCが語るヘルスケアビジネス必勝法から元大統領シモン・ペレスとの対話まで。ヘルス、水、宇宙、脳、ARの最前線を、ノンフィクションライター・安田峰俊が現地で探った。

狭い国土、少ない資源、短い歴史、乏しい予算。およそ世界の列強に挑むために必要な要素が、この国には欠けている。

「長きにわたって住むべき土地を追われ続けていたわれわれは、いざ定住の地を見つけたとき、すべてをゼロからつくり上げなければなりませんでした」。そう語るデイヴィッド・ヘラーは、イスラエル大手のVCにおいて、この国のスタートアップの歴史を見守ってきた人物だ。

「だからこそ、限られたものからどうやって新しいものを生み出すかを考えなければならなかった。この国の姿勢自体が、スタートアップのようなものなのです」

いかなる状況でも価値を生み出しうるものとして、国が最優先事項として取り組んだのは教育環境を整えることだったと、デイヴィッドは言う。

「それは学習環境を充実させるだけではありません。生徒たちは幼いころから失敗を恐れず、ためらわずに質問するよう徹底して教育されます。わからなかったら手を挙げて質問すればいいし、出した答えが間違っていてもいいのです」

むしろ、失敗を褒める文化がイスラエルにはあると言う。「失敗の経験をさせないのは、むしろ悪。すべては、まずやってみることからはじまるのです」

そうした背景があるからこそ、この国では、新しいことに挑戦するスタートアップの存在がありふれた存在になっている。仕事柄、何人もの起業家たちが失敗するのを見てきたというデイヴィッドだが、彼らはその失敗から多くを学び取っていると言う。失敗から学んだ経験はスタートアップたちを次の挑戦へと向かわせる糧となり、投資家たちにも2度目、3度目のチャンスを与える文化がある。

イスラエルが世界でも有数のイノヴェイション立国となったのには、徴兵制がもたらす意味も大きかったと、デイヴィットは言う。イスラエル国民は誰もが軍隊経験をするため、軍と市民との間には、他国に見られるような断絶がない。それどころか、兵役は、密度の濃いつながりを育む、有用な時間として機能する。

「国全体の人口も少ないので、軍隊経験のなかで、文字通り誰かの兄弟と隣り合わせになることも多くあります。ここで得られた関係が、兵役を終えたあとも、国中にネットワークのように広がっていくのです」

イノヴェイションこそが生き延びる方法

資源が少ないからこそ人に投資し続けた。国土が狭く、絶えず戦争にさらされ続けたからこそ、常に新しい分野を開拓し続けた。それはビジネスも同じで、国内市場が小さいため、遠く離れた市場への輸出に活路を見出している。そのとき、輸送費の高い大型製品の事業ではなく、小型部品やソフトウェアに活路を見出すのは当然だ。

USBメモリを開発したM-Systemsはサンディスクに、写真に友人をタグ付けできるFace.comはフェイスブックに、カーナビアプリのWazeはグーグルにと、イスラエルのスタートアップがグローバル企業に売却される事例は多い。加えて、売却後に新しいアイデアで起業に挑む者も多い。イグジットが多くエンジェル投資家や連続起業家も豊富だ。「シリアル・アントレプレナーシップ(連続起業家精神)によるイグジットのエコシステムが、高いレヴェルの教育や研究、技術開発や次の起業家育成の種にもなっている」とデイヴィッドは強調する。

限られた資源と逆境に打ち克とうとする意志。その建国の歴史が、いまもってイスラエルで暮らす人たちに強い影響を与えているのは間違いない。同時に、彼らの現状に満足しない意識が、絶えることのない進化を呼び起こしている。

常に新しいものをつくり出し、「世界に対してイノヴェイションを起こし続けていくことが、生き延びていく唯一の方法」だと自覚するその姿は、まさしく「スタートアップの国」と呼ぶにふさわしい。

[本インタヴューは、2014年10月に実施。]