10日、米国防総省は南シナ海で中国が主権を主張する人工島から12カイリ内に軍艦を派遣する「航行の自由」作戦を実施した。今回が3回目となる。写真はスプラトリー(南沙)諸島のファイアリー・クロス(永暑)礁の位置を示す地図。

写真拡大

2016年5月10日、米国防総省は南シナ海で中国が主権を主張する人工島から12カイリ内に軍艦を派遣する「航行の自由」作戦の一環として、米海軍のミサイル駆逐艦「ウィリアム・P・ローレンス」を派遣した。環球網が伝えた。

10日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが伝えたもので、国防総省関係者によると、ウィリアム・P・ローレンスは、スプラトリー(南沙)諸島のファイアリー・クロス(永暑)礁の12カイリ内を航行した。「航行の自由」作戦の実施は今回で3回目となる。(翻訳・編集/柳川)