イメージ画像 Photo By llee_wu from Flickr.

写真拡大

 近年、「子どもにやらせたくないスポーツ」のアンケートで上位に入るのが野球。以前からプロ選手選手の風紀が乱れているのは知られたことだが、最近は賭博や覚せい剤の事件で、その傾向がさらに強まっている。ほか薬物問題が持ち上がったスノーボードや、肉体的な危険度の高いボクシング、格闘技なども挙げられているのだが、ここに新たに加わりそうなのがバドミントンで、SNSでも「あまりやらせたくない」という声が散見されるようになってきた。

 それは暴力団の資金源となる闇カジノに出入りしていたとして、世界ランキング2位の桃田賢斗らが処分を受けたことによるイメージダウンが大きかった。もともと野球やサッカーよりも競技人口が多いとされる親しみあるスポーツだが、「それは娯楽としての数。選手を目指す競技の世界では、人気低迷が課題となっていて、試合の観戦者は減少傾向にある」と競技関係者。

「試合観戦していた400人にアンケートをとったら、370人くらいが選手の関係者だったことがあるんです。一般のファンを集めるのが課題で、その看板となるはずだったのが桃田でした」(同)

 桃田は日頃から「バドミントンもプロ野球やサッカーみたいに稼げるスポーツにしたい。まずは自分が派手な生活をして、子どもたちの憧れになる」と公言し、派手な振る舞いをするスター選手だった。高級車を乗りまわし、茶髪でギラギラしたアクセサリーも身に着けていたが、今回の事件で「バドミントン人気のため」という大義名分は崩れ、ただのチャラ男と見られてしまった。バドミントンで成功して大金を手にしても、その果ては街の不良……そんなイメージでは「子どもにやらせたくない」と敬遠する人たちもいるだろう。

 皮肉にもバドミントンの最大のライバル、テニスはこれに反して錦織圭の人気から、子どもたちのスクール通いが急増中。テニスの競技人口は約400万人で、これはバドミントンの半分以下であるのだが、本格的なテニス漫画『ベイビーステップ』(勝木光)の人気も追い風になって上り調子。対してバドミントンは、かつて女性コンビの「オグシオ」こと小椋久美子、潮田玲子が人気でイメージアップしたこともあったが、その後はロンドン五輪の銀メダルを獲得した藤井瑞希、垣岩令佳の2人組が「生意気伝説」と週刊誌に悪態を報じられるなどして、スター人気は継続せず。東京五輪を前にイメージアップに努めたいところだったが、それは今回の事態でその道は閉ざされた。

 そんな中、関係者から聞かれたのが日本バスケ界を立て直したといわれる日本バスケットボール協会の川淵三郎会長の役員起用案だ。川淵会長は元サッカー日本代表選手・監督で、日本サッカー協会の会長も務め、Jリーグを立ち上げた功労者だが、2つのプロリーグに分裂して国際連盟から無期限の国際試合出場停止に追い込まれた日本バスケ界に、利害関係のない外部の助っ人として昨年、協会トップに電撃就任。改革を断行して男子リーグの統一を実現させた。ただ、もともと1年間の就任で今年勇退が決まっているため、バドミントンからは「次はウチへ」の声が上がっているわけだ。

「川淵さんはマイナースポーツをメジャーにする手腕にも長けてますから、この上ない適任者です。ハンドボールからも声がかかっているようで、79歳という高齢から、本人が引き受けてくれるかどうかわかりませんが……」(関係者)

 ただ、川淵会長はバドミントンの賭博問題が起きた際、バスケのイベント上なのに「選手教育をジュニア時代からどうしっかりやっていくかが重要」と意見したほどバドミントンの問題に関心を寄せており、関係者が選手の生活態度に指導の責任を持つ提案までしている。

 一方、川淵起用案を否定する別の関係者もいる。

「外部からの有力者を受け入れることに、バドミントン側の関係者に抵抗や反発がある。五輪前の重要な時期にポジションを奪われたくない役員も多い」というのがその理由。しかし、東京五輪まで残り時間は少ない。スポーツ庁の鈴木大地長官は昨年度のバドミントン強化費約1.1億円から割り当てを減らすことを示唆しており、背に腹は代えられないだろう。頭を下げるなら早いところで決断した方が良さそうだ。
(文=ハイセーヤスダ/NEWSIDER Tokyo)