これが「バラバラになっても再生できる、不死かもしれない」生き物

写真拡大

世界中の淡水に住む小さな生物ヒドラは、強力な再生能力をもつうえ、ほとんど不死かもしれない。2,256匹のヒドラを8年間観察した研究者などについて紹介。

Watch this on The Scene.

世界中の淡水には、「ほとんど不死かもしれない生物」がひそかに生息している。ヒドラだ。

「これが「バラバラになっても再生できる、不死かもしれない」生き物」の写真・リンク付きの記事はこちら

触手を使って獲物をとらえるクラゲのような生き物だが、非常に長命で、強力な再生能力をもち、体をいくつかに切っても、それぞれが完全なヒドラとして再生する。

体長は約1cm。多くの小さな生物は短命だが、ヒドラの場合は少なくとも8年は同じ個体が元気に生きていることが確認されている

RELATED

カリフォルニア州ポノマ・カレッジの研究者ダニエル・マルチネズは、ヒドラをほとんど不死ではないかと考えている。それは、数週間ごとに体をすべて再生し直しているから、というのがその根拠だ。

彼が2,256匹のヒドラを8年間観察して得た研究成果はこちらで確認できる。