西山茉希、産後1ヶ月スピード復帰の真意・葛藤を明かす(C)モデルプレス

写真拡大

【西山茉希/モデルプレス=5月10日】モデルの西山茉希が10日、都内で開催されたイベントに出席し、先月11日に第2子となる次女を出産して以降1ヶ月で仕事復帰を果たした。イベント後、自身のInstagramを更新した西山は、スピード復帰した理由について「お世話になっている方々とのお仕事だからこそ、受けさせてもらった」とし、完全復帰ではなく、1日限定復帰とすることを説明。「本来ならまだ産休期間。またしばらくゆったりと過ごさせてもらいます」と今後について語った。

西山茉希、夫・早乙女太一との夫婦生活告白に共演者驚き 二人の馴れ初めも

◆後陣痛・腸炎…産後休養の重要性を発信


西山は、切迫早産の疑いでの緊急入院を経て第2子を出産。産後の4月末には、腸炎のため救急車で緊急搬送され、その後も後陣痛や悪露などの痛みと戦っていることをSNSを通して明かし、産後休養の大切さを訴えていた。

◆仕事“1日復帰”の裏で葛藤も


そんな中での仕事復帰とあり、様々な声を受け「“産後の大切さをここから伝えたくせに本人が大切にしていない”そう感じさせる選択にもなっていると思います。ごめんなさい」とコメント。

取材を受ける中でも「自分が伝えていることと、行動とが真逆なことが申し訳なくもありました」と感じていたことを明かしながら「1日でも仕事をしたことで復帰とはなってしまいますが、ご理解いただけるとありがたいです」と呼びかけ。「“ママタレ”を求めているのでもなく、ただの西山茉希とゆう人間でしかありません」と自身のスタイルを貫いた。

◆ファンから激励&リスペクトを送る声


ファンからは「まきちゃんの元気な姿をニュースで見れて嬉しかったです!色んな考えがあると思うけど、そのままのまきちゃんが大好きだよ」「茉希ちゃんの思い、伝わってるから大丈夫!応援しています」「体だけは無理せず、まきちゃんのペースで頑張って!」「茉希ちゃんのお仕事に対する思いも、ママとしての思いも尊敬。完全復帰まで楽しみにしています」など、激励のメッセージが多数寄せられている。(modelpress編集部)