3月1日にアメリカ版『フォーブス』で公表された2016年度世界長者番付でランクインした日本人は総勢27人。日本人トップは柳井正・ファーストリテイリング会長兼社長(1兆6500億円)だった。

 日本人6位にランクインしたパチンコホール運営大手・マルハンの韓昌祐(ハンチャンウ)会長(4520億円)は、在日韓国人1世で、1945年に血縁を頼って来日した。1958年に京都の峰山町で小さなパチンコ店を開業している。

「その後、ボウリング場を始めたものの、ブームが去って多額の借金を抱えてしまった。しかし、1980年代に入ると、大当たりで受け口が一定時間開きっぱなしになるフィーバー機の大ブームで持ち直し、郊外型のパチンコ店を次々に出店。

 従来のパチンコ店のイメージを一新し、キチッとした接客と快適な空間を提供したことで軌道に乗った。現在では店舗数約300、売り上げ2兆円を誇るホール業界のトップです」(パチンコメーカー幹部)

 パチンコ業界からは、他にもメーカー大手・三共(SANKYO)の創業者、毒島(ぶすじま)邦雄・名誉会長(10位・3280億円)と毒島秀行・会長(19位・1240億円)が親子でランクインしている。

 同じく19位にはパチスロ・パチンコメーカーのユニバーサルエンターテインメント(旧・アルゼ)会長・岡田和生氏も名を連ねる。遊技業界は強しだ。

※週刊ポスト2016年5月20日号