伝説、更新──「ドンキーコング」でパーフェクトゲームを達成

写真拡大

2007年にはドキュメンタリー映画作品にもなった「ドンキーコングの世界記録」を狙う競争が、このたびフィナーレを迎えたようだ。ひとつのミスもない121万8,000点が達成されたのだ。

アーケードゲームの古典ともいえる「ドンキーコング」の伝説的なプレイヤーが完璧なゲームをプレイし、これを超えるのは不可能と考えられるスコアを記録したようだ。

「伝説、更新──「ドンキーコング」でパーフェクトゲームを達成」の写真・リンク付きの記事はこちら

マサチューセッツ州に住むウェス・コープランドが5月5日に記録した121万8,000点は、1981年に任天堂が発売したこのゲームの、本来のゲーム機版と、修正なしのMAMEエミュレーター版を含めたすべてのフォーマットでの最高点となる(日本版では22面まで行っても60万点台位しか出せないが、米国版では22面まで行った場合100万を超えるスコアを出すことが可能になる(日本語版記事))。

コープランド氏はこのスコアを完璧なプレイで達成した。つまり、恋人キャラのポリーンを救い出すために、一度も樽にぶつかったり、命を落としたりすることなく、怒り狂ったドンキーコングが容赦なく投げつけてくる樽を次々に回避するよう、マリオを導いたのだ。3時間以上を費やして達成したこの偉業は、YouTube動画ですべてを見ることができる

ひとつのミスもなくゲームを完了したということは、たとえコープランド氏本人であっても、このスコアを超えることは恐らくあり得ないということだ。

コープランド氏は自分のFacebookページの投稿で、「世界新記録! 自分でも最後の記録スコアになるだろう…これよりも高得点でゲームを戦えるとは思えない」と書いている。

画面に表示されているスコアはわずか218,000点だが、これは、登場して35年が経過したこのゲームが7桁の数字を処理できないからだ。プレイヤーのスコアが100万点を超えるとスコアは0に戻る。

コープランド氏は、ドンキーコングの王者となるために数多くの試みを重ねてきた。それまでの世界記録に挑戦しては奪い返され、ときにはそれがわずか6時間以内だったこともある。

もうひとりの競争好きなドンキーコング・プレイヤーであるロビー・レイクマンとの腕比べは、インターネットの一部サイトで伝説として語り継がれている(これまでの世界記録はコープランド氏の119万点。2位はレイクマン氏の117万7200点だった)。

しかし、その腕比べも終わりを迎えたのかもしれない。ゲーム関連の記事を扱うサイト『Polygon』は、レイクマン氏がコープランド氏の「完璧なゲーム」に対して「ぼくには運が足りなかった。力はあったが、運が足りなかった」と話したことを伝えている

コープランド氏も以前、スコアが120万点に達したらドンキーコングのプレイ競争から引退すると話していた。そのスコアを超えたいま、レイクマン氏に再び挑戦する意志はないと思われる。ゲーム史上最大の競争のひとつがゲームオーヴァーとなったようだ。

※ 以下は、2007年のドキュメンタリー映画『King of Kong: A Fistful of Quarters』のトレイラー。当時はスティーヴ・ウィーブとビリー・ミッチェルが争っており、2010年にはミッチェル氏が105万200点で世界記録を達成していた