写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京工業大学(以下「東工大」)と野村総合研究所(以下「NRI」)は5月10日、4月28日に「NRI・東工大サイバーセキュリティ教育研究共創プログラム(以下、「本プログラム)」に関する連携協定を締結したと発表した。

この協定により両者は、2016年4月から2年間にわたり、、「サイバーセキュリティ」に関する研究・教育の推進を図り、共同研究を行うとともに、NRIグループ等からも講師を派遣する「サイバーセキュリティ特別専門学修プログラム」を開設し、高度なサイバーセキュリティ人材の育成を推進する

共同研究では、サイバーセキュリティ分野において、攻撃手法の解析を行うとともに、攻撃からの防御を行うためのツール・技法・実用化手法などに関する技術的研究を進めていく。具体的には、テーマに応じて、両者混在のメンバーによるチームを編成して、研究していくという。

人材教育は、修士課程、博士後期課程、または専門職学位課程に在籍する学生を対象に、サイバーセキュリティ特別専門学修プログラムとしてNRIグループ社員が講師となる「サイバーセキュリティ攻撃・防御第一〔2単位〕」と「サイバーセキュリティ攻撃・防御第三〔2単位〕」を開講する。

これらの研究成果は、将来の社会インフラの安全に利用するほか、ベンチャー企業やプロジェクト立ち上げによる事業化を検討するという。

(丸山篤)