日本の食べ物の精緻さ、特にお菓子の美しさ、細やかさに感慨を覚える中国の人は多いようだ。いかにも日本らしい「目でも口でもおいしい」お菓子が発見されるたびに、中国のネット上からは感嘆の声があがるのである。中国の女性向けファッションメディア・維度女性網が注目したのは、昨今日本でも話題を集めている「水信玄餅」だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本の食べ物の精緻さ、特にお菓子の美しさ、細やかさに感慨を覚える中国の人は多いようだ。いかにも日本らしい「目でも口でもおいしい」お菓子が発見されるたびに、中国のネット上からは感嘆の声があがるのである。中国の女性向けファッションメディア・維度女性網が注目したのは、昨今日本でも話題を集めている「水信玄餅」だ。

 維度女性網が4月21日に掲載した記事では、「日本のグルメにまた新たなものが出現した」として「水信玄餅」を紹介。寒天を使って丁寧に作られた透明な「水信玄餅」はまるで「巨大な水滴のようである」と形容。日本のある菓子店が、もともとある「信玄餅」の原料をもち米粉から寒天に変えたことで、みずみずしい見た目を備えた「水信玄餅」を作り出し、たちまち人気が爆発したと説明している。

 また、実際に食べたことのある人の話として「30分以内に食べないと、時間の変化とともに融けてしまう」、「口に入れた瞬間溶けてしまう」との感想を併せて紹介。さらに、主要な原料である寒天について紹介するとともに、寒天を使って作った様々な色の透明な寒天ゼリーの写真を「水滴ケーキ」として紹介した。

 見るからにみずみずしそうな「水信玄餅」。見た瞬間に「食べてみたい」と感じた中国の市民も多いのではないだろうか。山梨県北杜市の金精軒が製造販売しているこの菓子、6月から9月の土日しか販売されず、保存のきかない商品ゆえその場でしか購入できないというレア性も兼ね備えている。今年の販売は6月4日からとのこと。情報を知った中国人観光客たちも買いに訪れるかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)