コイケヤが新商品ポテトチップス「トースト味」「牛乳味」をリリースするぞ! ポテチを “第4の朝食” として定着させたいそうな

写真拡大

昨年5月、衝撃のフレーバー「ポテトチップス もも味」「ポテトチップス バナナ味」をリリースして話題になった株式会社湖池屋が、今年も “あさ” をテーマにした新商品を5月30日(月)に全国発売することが判明っ!

気になるそのメニューは「ポテトチップス トースト味」そして「ポテトチップス 牛乳味」なんですって。

【「攻め」の姿勢を崩さないコイケヤ】

“あさ” だけに、朝食マーケットをターゲットにしているそうなのですが、なるほどたしかに、トーストと牛乳というメニューは “ザ・朝食” といったところ。

だけど……トースト味はまだいいとして、牛乳味のポテトチップスって、正直どうなんですかね!?

【朝食にポテトチップス……?】

ポテトチップスを、パン・米・グラノーラに次ぐ“第4の朝食”として定着させることを目的に開発されたという、2つの新商品。昨年に発売された「もも味」「バナナ味」もまた、同じ目的で作られていたそうなのですが……。

「コイケヤ」プレスリリースによると、「 “もも” および “バナナ ”は、朝食においてメインでないと認識されていることが判明した」とのこと。

【なぜそこまで「朝食」にこだわるのか】

そのため「昨年の反省を踏まえて、あらゆる食材との融合を試みた結果、トーストと牛乳が “朝食のメインとして認識されながらポテトチップスとしての特長を活かせる” メニュー」という結論にたどり着いた、とのことです。

つーか、「 “もも” および “バナナ ”は朝食においてメインでない」って……そういう問題!? そこまでして「ポテチ朝食化」を勧めたいのね……アツい……。

【どんな味なのか気になりますね】

ちなみに「ポテトチップス トースト味」には北海道産バターを使用、食パンを焼いたときの香ばしい香りや味わいをポテトチップスで表現した1品とのこと。一方「ポテトチップス 牛乳味」は、牛乳の味わいと香りがフワリ、カルシウムも含まれているのだそうよ。

その全貌が否が応にも気になっちゃう2商品、発売されるその日がある意味、待ち遠しいですね……!

参照元:コイケヤ、PR TIMES
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る