新形状の「ヒートパンチマット」の採用で、ふとんをしっかり乾燥!(写真は、使用例)

写真拡大

三菱電機は、新しい形状の「ヒートパンチマット」で、ふとんを包み込んで隅々まで温風を届けてしっかり乾燥させる、ふとん乾燥機の新商品「AD‐X80」を、2016年5月21日に発売する。

ふとんを包み込む新しい形状の「ヒートパンチマット」で、約60度(室温20度、運転時間は90分×表面と裏面の2回)の温風をふとんの隅々まで行き届かせ、ふとんの表面だけではなく中綿までも、従来機種より約5〜10度高い、約55度に温めてしっかりダニ対策。また、まくら用乾燥マットを採用して、まくらにもしっかりダニ対策を施した。

独自の「快適温度コントロール」で室温を検知して、季節にあわせて1年中、眠りにつきやすいふとん温度に自動で調整するほか、ナノサイズの銀粒子を付着した「銀ナノアレルパンチフィルター」を搭載。ダニの死がいや花粉などに含まれるアレル物質を抑えて、清潔な風でふとんを乾燥する。

オープン価格。

なお同時に、ふとん専用アタッチメント付きコードレススティッククリーナー「iNSTICK(インスティック)」の新商品「HC‐VXF30P」とあわせて、総合的なふとんケアでの安眠、快眠を提案する。