写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットワールドは5月10日、仮想化データセンターにおけるインフラ環境の最適化を総合的に支援する「コンバージドインフラストラクチャー選定アセスメント支援サービス」の提供を開始した。

新サービスは、アプリケーションの特性、サーバやストレージのワークロード負荷状況・特性など顧客の仮想化データセンターの環境をツールにより分析・可視化し、将来のビジネス戦略やIT投資計画を踏まえて、最適なコンバージドインフラストラクチャーの選択を支援するという。

ネットワールドはコンバージドインフラストラクチャーのラインアップを揃え、自社施設として顧客ごとのコンバージドインフラストラクチャーを構築して迅速に出荷・導入を可能にする「プリ・インテグレーションセンター(PIC)」を運用している。

新サービスは、すでに提供している「仮想化健康診断」「仮想環境ストレージアセスメント」「VDI環境アセスメント」の3つのサービスに新しく「ログ情報解析アセスメント」「仮想環境設定リスクアセスメント」の2つのサービスを追加し、拡充した。

サービスの流れはヒアリング/事前打ち合わせ、アセスメントデータ収集支援、レポート作成支援、アセスメント結果報告支援となり、下表はサービスメニューの概要。

(岩井 健太)