こんな足ならいいけどね〜

写真拡大

そろそろサンダルが活躍する季節です。紫外線を浴びずに冬を越した素足って白くてきれいですよね。......と言いたいところですが、実際は「素足になりたくない女子」が世の中にはたくさんいるようです。

その理由はニオイや足裏の汗など様々ですが、1番キョーレツなのが水虫(!)です。秋冬をブーツで過ごした女子は要注意。ブーツの中は、高温多湿で水虫菌の格好の温床なので、すでに自分の足にうつっているかも......。さらに、サンダルを履く季節は、素足で室内を歩くことが多く、水虫菌がうつりやすいそうですよ。

塗り薬が効かない!「爪水虫」で爪崩壊

「水虫」は、「白癬(はくせん)菌」と呼ばれるカビが、皮膚の角質層で繁殖して起こる感染症で、日本人の5人に1人がかかっていると言われています。最近では水虫持ちの若い女性が急増しているそうです。

ドキッとした人は、足の爪もよーく見てください。表面に白い濁りが現れたり、白い筋が何本も通ったりしていませんか?これは、水虫の上をいく厄介者「爪水虫」の初期症状です。水虫を持っている人の半数がかかっていると言われています。

「爪水虫」は、カビが爪の内部に入り込み、爪をボロボロにしてしまう病気です。困ったことに、痛みや痒みをほとんど感じないので、悪化するまで気づかない人がほとんどです。でも放っておくとだんだん爪の表面が剥がれ落ち、しまいには爪が崩れてなくなってしまう恐ろしい感染症なんです。

しかも、爪の中まで浸透しないので塗り薬では治りません。医師から出された処方箋の飲み薬を、爪が生え変わるまで6か月は飲み続けなければなりません。

でも、爪がボロボロになってなくなっちゃうこと、周りの人にもうつしてしまうことを考えれば、病院に行くときの一時の恥ずかしさ、治療の煩わしさなんて、どうってことないですよね。もし、「水虫かも?」「爪の色が変だな」と思ったら皮膚科に急いで!

靴底に粘土が......まだまだある、素足がNGの理由

素足の季節を恐れる、乙女の密かな悩みはまだあります。参考までに解決法をご紹介しますので、太陽がまぶしい季節の足もとオシャレを楽しんでくださいね。

【足裏の汗】素足にサンダルは素敵だけど、足裏の汗が気になります。放っておくと臭くなるし、ずっと履いているとぬるぬるしてきて気持ち悪いですよね。

まず、サンダルを買ったら防水スプレーをしましょう。そうすると、汗がサンダルに染み込まないので、ニオイを抑えることができます。家に帰ったら抗菌ウェットシートなどで拭いて、しっかり乾かせば、サンダルが臭くなるのを防げます。

足汗自体を防ぐには、制汗剤が有効です。塩化アルミニウム配合で汗自体を抑えるタイプが効果的だそうです。

【足裏の垢】粘土のような垢がべったりついたインソール(中敷き部分)、絶対見られたくないですね。でも、座敷席での食事、家に招かれた時、服の試着中、靴を脱ぐ機会は普段から結構あるものです。サンダルなら人目につく可能性も大。

足裏の垢は汗で角質化した皮膚がふやけることに原因があるようです。制汗剤のほか、ベビーパウダーも効果があります。

つま先部分に汚れ防止の靴底シートを貼るのも1つの手。薄いビニールタイプや、滑り止め機能をもったジェルタイプなど、汚れ防止用は薄く透明なのが特徴です。汚れたら取り変えましょう。洗って繰り返し使えるタイプもありますよ。

【ガサガサかかと】これではいくら素敵なサンダルを履いていても、魅力はゼロ。だからといって、足裏の角質ケアはやり過ぎると、トラブルの元になります。角質がさらに分厚くなってしまったり、皮膚トラブルを起こしてしまったりするのです。まずはプロにしてもらって、相談しつつプロの加減を見てみてもいいかもしれません。

実は適切な角質ケアは、足裏のニオイや垢問題も解決してくれる超重要ケアです。今年の夏は爪の先からかかとまで完璧な、"末端美人"を目指しては?