手磨きでは落としにくい汚れもしっかり除去

写真拡大

小型家電ブランドのブラウン(神戸市)が展開している電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」シリーズから2016年4月中旬から順次、入門モデル「すみずみクリーン」4種が登場。多くの歯科医院で使用されるクリーニング器具と同じ丸型ブラシを採用し、手磨きの12倍のブラッシング回数で高い歯垢除去力を実現した。

ベーシックな「すみずみクリーン」と、上位機種のEX、EX&ホワイト、EX&フロスを2016年4月中旬に発売した。毎分7600回の高速反回転するブラシが歯を1本1本包み込んで磨くため、手磨きでは落ちにくい歯間や歯ぐきのキワの汚れまでしっかりかきだす。ブラシヘッドには歯科クリーニング器具発想の丸型ブラシを採用しており、手磨きではできない動きを実現。また、上位3機種には16度傾斜させた毛先を交差させて配置した「マルチアクションブラシ」を搭載している。高低がついた毛束が二重の円を描くように植毛されており、左右に反転するモーターの動きと組み合わせることで効果的に歯垢を落としてくれる。

本シリーズは、小売りでオープン価格で展開する。