8月のリオデジャネイロ五輪の陸上競技では、日本にとって男子競歩とともに貴重なメダル候補でもある男子4×100mリレー。5月8日までの春季サーキットとゴールデングランプリ川崎(川崎)が終了した現時点で、その代表争いがますます熾烈になってきた。

 昨年の世界選手権では予選敗退だったが、それはエースの桐生祥秀(東洋大)が太股肉離れのため代表に入れなかったことが大きい。主力の高瀬慧(けい/富士通)が故障でメンバーから外れ、急遽組み直したオーダーだったというのも原因のひとつだった。

 しかし、個人の成績を見れば、高瀬は100mこそ10秒15で走りながらも準決勝進出は逃したが、200mでは藤光謙司(ゼンリン)やサニブラウン・ハキーム(城西高)とともに準決勝へ進出していた。

 今年は桐生もケガから復帰し、4月2日のアメリカ・テキサスリレーでは向かい風1.4mの中10秒24で走り、海外選手を抑えて優勝するいい滑り出しをしている。

 こうして迎えた国内での戦いは、4月29日の織田記念の100mでロンドン五輪出場の山縣亮太(セイコーホールディングス)が優勝し、5月3日の静岡国際の200mでは10年世界ジュニア優勝でロンドン五輪出場の飯塚翔太(ミズノ)が優勝と、昨年まで故障で苦しんでいた実力者たちが復活した姿を見せた。

「苦しい時期があったおかげで自分を見つめ直して考えながらできた。向かい風だったが中盤の加速は風に負けないくらいにしっかりできたし、優勝してほっとした」

 こう話す山縣は向かい風2.5mの条件下でも10秒27と強さを見せる走りをし、五輪参加標準10秒16突破への手応えを得た。

 桐生との直接対決となった5月8日のゴールデングランプリ川崎でも、「スタート直後に少し躓(つまず)きましたが、それを引きずらずにうまく加速できた。中盤を過ぎてから桐生選手がちょっと見え出したときには『負けられない!』と思って。だから最後は力んで苦しい顔をしていたと思います」と苦笑するが、向かい風0. 4mの中で、10秒02の自己記録を持つラモン・ギテンズ(バルバドス)を抑えて10秒21で走り、優勝したジャスティン・ガトリン(アメリカ)に次ぐ2位に食い込んだ。

「桐生選手に勝ちたいとか、あわよくばガトリン選手にも勝ちたいと思わないようにしようと思ったけど、やっぱり勝負なのでそういう雑念が入ってしまったのは反省点です。ただここで桐生選手や張培萌選手(中国)に勝つことができたのは自信になったし、標準記録も条件さえ整えば出せるという手応えもあるので、次の試合にはリラックスした状態で臨めるという意味でもよかったと思います」

 こう話す山縣は、速さだけではなく精神的な強さも身につけて復活してきた。

 一方、故障の影響でこの2年間は走りを崩していた飯塚だが、昨年から取り組み始めていた前半のコンパクトな走りが、今年はようやく形になった。3日の静岡国際200mで、追い風1mと、前半が向かい風になる不利な条件の中でも、サニブラウンを0秒16抑える自己サードベストの20秒38で快勝。

「派遣設定の20秒28を狙っていたけど、久々に気持ちよく走れたのでよかった」と振り返った。

 8日の川崎では向かい風0.6mの中、前半の走りには静岡よりキレが増し、終盤でもさらに伸びる走りをし、20秒40でアーロン・ブラウン(カナダ)に次ぐ2位に。

 200mは、すでに藤光と高瀬が20秒13、20秒14と派遣設定を切っていて、サニブラウンもいる厳しい状況だが、「記録を出すチャンスは必ずあると思うから、そこへ向けてちゃんと準備をしておけばいいと思う」と、確かな自信を取り戻している。

 また川崎100mでは10秒27で4位だった桐生も、「自分が思っていたよりスタートの号砲が鳴るのが早くて、『やばい』と思うほど遅れました。それでも全然力みもなく走れたし、新しいスタートも練習ではうまく加速につなげられているので、これからはしっかりいけると思います。今回負けたのはすごく悔しいけど、夏には山縣選手に大差をつけて勝ちたい」と、9秒台突入へ向けての自信は失っていない。

 このあと桐生は5月19、20日の関東インカレで100mを走り、山縣と飯塚は21日からの東日本実業団で参加標準と派遣設定を狙う予定だ。

 また、昨年の日本選手権で注目を集めたサニブラウンは今シーズンの走りをこう分析する。

「去年は世界では前半で置かれていくのを痛感したので、今年は前半からいい入りができるよう意識しています。なので、前半はわりと突っ込めるようになっていると思う。身長の伸びも止まって、筋肉もついてきたから、100mも速く走れるようになっているはず」

 5日には水戸招待100mに出場して3位になり、8日の川崎100mもスタートで出遅れて10秒34で5位という結果に。苦手にしている100mの方はまだスタートからの走りがかみ合っていない状態だが、昨年よりシーズンインを遅らせている中、3大会目で向かい風0.4mながら10秒34というのは、力がついていることを示す結果でもある。

「派遣設定は切りたいけど、リオ五輪は出られたら『ヨッシャー!』という感じですね。今年の最大の目標は世界ジュニアの2冠獲得だから、五輪に関しては『出るぞ!』というより、日本選手権でしっかり戦い、その上で出られればいいかなという感じです」と、今年もリラックスした気持ちで日本選手権に臨める利点は大きいだろう。

 一方、ベテラン勢では藤光が川崎200mをシーズン初戦として走り、20秒90で6位になった。

「去年は最後に股関節も痛めていて疲労も抜けきらなかったので、大事をとっていました。体の様子を見ながら2〜3週間休んでから練習をするという状態が、ここ1〜2ヶ月間続いていたので。春から頑張り過ぎてもダメだと思ったので、やっとしっかり練習ができる状態になってきたところ」と、これから東日本実業団などを機会に調子を上げていこうとしている。

 また高瀬も膝の故障から、まだ試合はキャンセルして練習を積んでいる状態だが、藤光とともに派遣設定を突破しているために、日本選手権で8位以内に入れば代表選考でも優位に立てる。ベテランのふたりはこの特権を活用し、ともに個人種目で狙う200mでの決勝進出を狙う五輪本番に照準を合わせていこうとしている状況だ。

 そんな6選手に加え、水戸招待ではこれまで無名だった大学2年の竹田一平(中央大)が10秒27で優勝。予選では向かい風2.1mで10秒29を出し、参加標準の10秒16突破の可能性を持つダークホースとして飛び出してきている。

 他にも昨年の世界選手権4×100mリレーメンバーの長田拓也や大瀬戸一馬(ともに法政大)、谷口耕太郎(中央大)のほか、織田記念2位のケンブリッジ飛鳥(日本大)も今年は力をつけてきている状況。五輪代表は100m、200mともに最大で3名ずつ選出される可能性があり、リレーの本番ではその中から4名が走る。この狭き門を争う6月24日から始まる日本選手権を占う上でも、今後の各選手の勝負や記録からは目を離せない。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi