4月14日生まれの牡羊座はポジティブさが2倍? 運命のデーク占い【牡羊座編】

写真拡大

――同じ牡羊座でも、3月生まれと4月生まれでは、なんだか印象が違う。そんなふうに思ったことはないですか? こうしたことにスポットを当てたのが、古代占星術の「デーク占い」です。デークとは、1つの星座を3分割し、それぞれに副支配星をもたせる手法のこと。支配星に副支配星が加わることで、ひとつの星座内に3つのキャラクターが誕生することになり、より詳細な性格分類が可能になります。

 今回は、牡羊座についてご紹介します。

<第1回 牡羊座(3月21日〜4月20日)>

★牡羊座データ
・期間……3月21日〜4月20日生まれ
・支配星……火星

<デーク>
・第1デーク……3月21日〜3月31日生まれ(副支配性・火星)
・第2デーク……4月1日〜4月10日生まれ(副支配性・太陽)
・第3デーク……4月11日〜4月20日生まれ(副支配性・木星)

 戦いの星・火星を支配星に持つ牡羊座は、男性的でダイナミックなエネルギーに満ちた星座で、直感力と開拓者精神に富んでいます。このベースとなるキャラクターに副支配星の性質がプラスされることで、牡羊座のプロフィールがさらに詳しくなります。

■第1デークの牡羊座……闘争心は人一倍! エネルギッシュな牡羊座
 支配星、副支配星とも火星の第1デークの牡羊座は、火星の影響をダブルで受けるため、とても勇敢で闘争心が強く、情熱をもって目標に突進していくタイプです。抜群の瞬発力に恵まれていて、チャンスは逃がさないでしょう。一方で、忍耐力に欠けがちで、望まない状況に踏みとどまることができません。また、非常に短気で率直なため、人間関係のトラブルに見舞われやすいところがありそう。恋愛面では、自分が主導権を握ってグイグイ進めたいほうです。

<最高の相性>
 7月24〜7月31日生まれの人、11月23日〜12月1日生まれの人は、あなたの情熱をうまく受け止め、人生を盛り上げてくれるでしょう。

■第2デークの牡羊座……カリスマ性がプラス! 華やかな牡羊座
 支配星・火星に加え、明るく輝く太陽を副支配星に持つ第2デークの牡羊座は、勇敢なハートと寛大な心を併せもつ、パワフルな人。大胆率直で、どこにいてもパッと目立つ華やかさがあるため、自然とリーダーの座にまつりあげられていることが多いでしょう。また、クリエイティブな才能があり、芸術・芸能関係に進むと、水を得た魚のように活躍できそう。マイナス面は、独りよがりで傲慢な態度をとりがちな点。恋愛はドラマチックな展開を望むタイプです。

<最高の相性>
 8月1日〜8月11日生まれの人、12月2日〜12月11日生まれの人は、あなたのクリエイティブな面をより一層高めてくれるでしょう。

■第3デークの牡羊座……ポジティブさがアップ! 冒険的な牡羊座
 支配星・火星のほかに、希望と発展を意味する木星を副支配星に持つ第3デークの牡羊座は、牡羊座の前向きなパワーが強調された、理想を追い求めるチャレンジャータイプ。社会に認められるような大きなことをやりたがり、自由奔放に動き回ります。時々、見通しの甘さから失敗することもありますが、得てして成功を手にする確率は高いでしょう。気をつけたいのは、無謀な行動で周囲に迷惑をかけること。恋愛面では、あなたの自由を愛する気持ちが問題になるかもしれません。

<最高の相性>
 8月12日〜8月23日生まれの人、12月12日〜12月22日生まれの人は、あなたのチャレンジ精神を応援し、心強い味方になってくれるでしょう。

 牡羊座といっても、副支配星が変わることで、「エネルギッシュ」「華やか」「冒険的」といった、3つのキャラクターに分類されるのですね。次回は、牡牛座をお送りします。
(月星七海)