魚目線で画像や動画を水中撮影! 潜水艦型カメラ「サブマリナーカメラ」で水槽内の金魚や熱帯魚を撮っちゃおう!!

写真拡大


おうちで金魚や熱帯魚を飼っている皆さん、アクアリウムを楽しんでいる皆さん。水槽の中の様子、外からじゃなくて中から撮ってみたいと思ったことありませんか?

でも水中撮影と聞くと、プロのカメラマンしかできなかったり専用の機材が必要だったりするイメージ……。

今回ご紹介するのは、そんなイメージを覆す「サブマリナーカメラ」なるアイテム。これがあれば、赤外線コントロールで潜水艦形のカメラを動かしながら魚目線で水中撮影ができちゃうんです! しかもお値段、意外とお手ごろ!!

【どうやって撮影するの?】

サブマリナーカメラは潜水艦の本体前面に搭載したカメラで動画や画像を撮影できるというもの。30万画素の動画は約5分、120万画素の写真は約800枚撮影可能です。

撮影は写真と動画ボタンのついたコントローラーで潜水艦を潜行、浮上、前後進、左右回転のアクションをさせながら行います。また「エサ入れアーム」というアームからエサを出して魚を呼び寄せたり、カメラ両脇のヘッドライトを照らして暗い場所で撮影をしたりといったことまでできちゃうんです!

自分で操縦したりさまざまな機能がついていたり。こういうの、メカ好き男子ならずともワクワクしちゃいますね。

【そのままパソコンに接続可能!】

再生方法ですが、記録用メディアは不要。撮影した動画や画像は本体内蔵のメモリー(256MB)に保存され、付属のUSBケーブルで潜水艦本体をパソコンに接続して再生します。

【気になるお値段は……?】

あとは気になるのはお値段ですよね。希望小売価格は9,980円(税抜)、通販サイトを見ると8,000円前後で売られていますが……案外お安くない? こんなに高性能で1万円でお釣りが来ちゃうとは! 「サブマリナーカメラ」があれば、ペットの魚との生活がもっともっと充実したものになりそうですね。

参照元:CCP 赤外線コントロール サブマリナーカメラ
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

画像をもっと見る