画像

写真拡大

 オンライン動画学習サイトを運営するスクーは、東京大学大学院と共同で、同社が保有する授業動画などのデータを活用した、プレゼンテーション技能向上の研究を開始した。

 オンライン動画学習サイト「schoo WEB-campus」を運営するスクーと、東京大学大学院情報理工学系研究科 電子情報学専攻 山崎俊彦准教授の研究室(以下、山崎研究室)は、日本人のプレゼンテーション技能向上に向けた共同研究を開始した。

 同研究では、スクーが制作した2,500本以上の授業動画などのデータを、山崎研究室と解析。動画から閲覧者がどのような印象を持つかを予測し、タイムライン上のコメントから理解度を計ることで、プレゼンテーションの定量評価を行う。

 また、定量評価の内容を「schoo WEB-campus」の生放送授業で検証し、将来的にはプレゼン中に登壇者に向けてリアルタイムで閲覧者の印象結果がフィードバックできるようなシステムの構築を目指す。

MarkeZine編集部[著]