美術館の楽しみ方を変えた、SFMOMAの新しいアプリ

写真拡大

サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)のためにアップルとDetour社が共同開発したアプリでは、ユーザーが美術館内のどの位置にいるのかを正確に把握して、好みに合わせたガイドを提供する。

Watch this on The Scene.

アプリを採用した美術館ツアーの多くは、次のように機能する。ある作品の前で立ち止まって、該当する番号をタップすると、解説の音声が流れる。だが、サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)の新しいアプリでは、作品から目を逸らす必要はなく、携帯端末をポケットに入れたままでいい。

「美術館の楽しみ方を変えた、SFMOMAの新しいアプリ」の写真・リンク付きの記事はこちら

2年半に及ぶ拡張工事を終え、2016年5月14日に再オープンするSFMOMAのために、デザインスタジオDetour社とアップルが共同開発したこのアプリは、携帯端末の位置情報機能を使用し、アップルが作成した高解像度マップをベースに、ユーザーが美術館内のどの位置にいるのかを正確に把握する。ユーザーがいる場所と向かっている作品を認識し、それに合わせて音声ガイドを調整するのだ。

SFMOMAの最高コンテンツ責任者であるチャド・クーヴァ―はこのアプリについて、「ラジオ番組『This American Life』と、(人工知能に恋する男を描いた映画)『her/世界でひとつの彼女』が組み合さったようなもの」と説明している。

確かに、最初は多少不気味に感じられるかもしれない。アプリを起動すると、公営ラジオのヴェテラン・アナウンサーであるマリアン・マッキューンの声で、次のようなアナウンスが始まる。「このガイドがあなたをご案内します。あなたのいる位置を把握し、あなたのペースに合わせて解説いたします。(少し間がある)ちょっと気味が悪いかもしれませんが、そんなことはありません」

SFMOMAのデジタル・プラットフォーム責任者を務めるキア・ワインスミスによると、ガイドツアーは各種あり、「哲学的なものから情緒的なもの」「面白いものから奇妙なもの」まで用意されているという。

奇妙なツアーを体験したければ、「これは芸術ではない」ツアーを選択しよう。俳優のマーティン・スターと、HBOのコメディードラマ『シリコンバレー』に登場するクメイル・ナンジアニが、マルセル・デュシャンの古典的なダダイズム作品『』(普通の男子用小便器にサインがあるだけの作品)について、これは驚くべき傑作なのか、それともただのガラクタなのかを議論したりする。

「美術館をハッキングする」ツアーは、美術鑑賞よりも、アクションゲーム『グランド・セフト・オートV』をプレイするほうを好む人向けにつくられたダイナミックなツアーだ。

あるいは、地上110階を綱渡りした(日本語版記事)ことで有名なフランスの曲芸師フィリップ・プティによるツアーもある。芸術の問題に悩む画家マーク・ロスコについて、「より多くの人々が彼の作品を称賛すればするほど、彼はより一層疑い深くなっていった…絵画は本当に超越することができるのだろうか?」と考察するものだ。

実用的な機能としては、「一番近いトイレを探す」ボタンがある。ポイント・ツー・ポイントの音声キューにより適切な方向へと導いてくれる。

これらのツアーは、没入できる直観的な体験をもたらしてくれる。芸術的超越性について行けない人は、「この地域の芸術」ツアーに切り替えてみよう。ユーザーをSFMOMAから周辺地域に連れ出し、より幅広い世界の文脈でSFMOMAについて解説してくれる。