立春から数えて88日目の夜は、八十八夜。今年は5月1日が八十八夜にあたった。「夏も近づく八十八夜」という歌があるように、この時期に思い浮かべるのは色鮮やかな緑茶だ。日本のお茶文化を代表する緑茶には様々な種類があるが、最も奥深く、様々な料理やスイーツに使われるなど広く愛されているのは、やはり抹茶だろう。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 立春から数えて88日目の夜は、八十八夜。今年は5月1日が八十八夜にあたった。「夏も近づく八十八夜」という歌があるように、この時期に思い浮かべるのは色鮮やかな緑茶だ。日本のお茶文化を代表する緑茶には様々な種類があるが、最も奥深く、様々な料理やスイーツに使われるなど広く愛されているのは、やはり抹茶だろう。

 中国メディア・新華網は4月26日、「あなたは本当に抹茶を理解しているか 抹茶に関するトリビア」とする記事を掲載。日本の抹茶についての豆知識を11点紹介している。まずは、「抹茶は実は中国起源である」という点だ。抹茶は隋の時代に起こり、日本では9世紀末に遣唐使によって伝えられて大いに発展した一方、本場中国では茶を挽く習慣が途絶えてしまったと説明している。

 2点目は「単に緑茶を粉砕したものではなく、茶葉を厳選して摘み荒茶に加工し、茎や葉脈を取り除いた後で挽くという複雑な生産工程」を経る点。それゆえ、抹茶の価格は一般の粉末緑茶よりもはるかに高いと説明している。実際、抹茶は新芽の収穫前には覆いをかける、煎茶に存在する揉みの工程がない碾茶を用いるなど、特別な手間や技術を要するのだ。記事はまた、石臼の重要さにも言及。挽いた抹茶は2-20ミクロンという他の磨砕方法では成し得ない細かさにまで到達するとした。

 このほか、「日本ではかつて皇族や武士にしか抹茶を味わう資格がなかった」、「生産量は少なく、中国国内はもちろんのこと、日本で買ったものも実は粉末緑茶である可能性がある」、「美味しいだけではなく、栄養も豊富に含んでいる」、「泡の美しさが追求される」、「光に弱く、遮光しないとすぐ劣化する」などといった点についても紹介している。

 日本の茶道に欠かせない抹茶は、まさに日本のお茶に関する芸術や文化を代表するものと言える。茶の心得があるわけではないが、たまには抹茶を点て、心を静めつつその奥深い香りと苦み、細かな泡の口触りをゆっくり味わってみたいと思う。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)