9日、中国共産党の習近平総書記(国家主席)は、北朝鮮の金正恩氏の朝鮮労働党委員長就任を受け、祝賀メッセージを送った。資料写真。

写真拡大

2016年5月9日、中国共産党の習近平(シー・ジンピン)総書記(国家主席)は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)氏の朝鮮労働党委員長就任を受け、祝賀メッセージを送った。新華社が伝えた。

習氏は「中国共産党中央委員会を代表して、そして私自身の名前で、あなたに熱烈な祝賀を送る。北朝鮮の人民が、金正恩委員長をトップとする朝鮮労働党の指導の下で社会主義建設における新しい成果を得られるよう祈っている」と伝えた。

また、「中国と北朝鮮の伝統的な友好は、両国の先代の指導者らが確立し育て上げてきた共通の宝だ。中国の党・政府は中朝関係を高度に重視している。共に努力し、中朝関係の大局から友好協力を発展させ、両国と両国の人民に幸福をもたらし、この地域の平和、安定、発展に貢献したい」とも伝えた。(翻訳・編集/柳川)