画像

写真拡大

 DACのメッセージングサービス管理ソリューション「DialogOne」がFacebook Messengerへのメッセージ配信に対応した。これにより、企業は同ツールを通じてLINEだけでなくMessengerにおいてもOne to Oneコミュニケーションが可能となる。

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、メッセージングサービス管理ソリューション「DialogOne」において、Facebook Messenger(以下、Messenger)へのメッセージ配信に対応した。

 2016年4月に開催されたFacebook社の開発者会議「F8」にて、Messengerを利用した企業のチャットボットのプラットフォームが公開された。同プラットフォームにより、企業はMessengerを通して会話形式のリアルタイム・コミュニケーションが可能となった。

 企業は「DialogOne」を通じて、LINEだけでなくMessengerにおいても、ユーザーとのOne to Oneコミュニケーションを実現できるようになる。

 なお同社は将来的に同ソリューションを、複数のメッセージングサービスを横断し、自社の顧客データとマッチングさせながら、最適な配信を行えるソリューションへ成長させていく予定。

MarkeZine編集部[著]