憎きベッキーの皮で作ったドレス!?全米を騒がす不倫劇のゆくえ
 5月2日にニューヨークで華々しく開催された「Met Gala(メットガラ)」。『Vogue』の編集長アナ・ウィンター主催で行われるこのイベントは「ファッション界のアカデミー賞」と呼ばれてはいるものの、着飾ったスターが賞を与えられるためのものではなく、チャリティ目的の実は真面目なパーティーです。

 ただこれだけ大勢のスターが集まるのですから、 誰が1番オシャレだったかベスト&ワーストドレッサーを決めたくなるのは、セレブなパーティーに縁のない庶民としては避けられないところ。

 今年1番の話題になっているのはあの歌姫、ビヨンセ(34歳)。私生活のゴタゴタと発売されたばかりの新曲の歌詞が、当日着ていたドレスと悪い方向でシンクロし、ネット上でジョークにされてしまいました。

【ビヨンセのドレスをジョークにするツイッター】
⇒【Twitter】 https://twitter.com/ryancoffey1/status/727292021145260032

◆浮気相手は「美しい髪のベッキー」

 夫のジェイ・Z(46歳、ラッパー)の不在中、一人でメットガラに出席したビヨンセが着ていたのは、ジバンシーのスキンカラーのラテックスドレス。一体何がいけなかったのか?

『US Weekly』によるとそのヒントはビヨンセが4月末に突如リリースした、ショートムービーとセットになった全12曲のニューアルバム『レモネード』の中に隠されているのだとか。

 というのも、ショートムービー内の「Anger(怒り)」と名付けられたパートで、ジェイ・Zの浮気相手に怒るビヨンセの心境を思わせる「もしもあなたが望むなら、私は彼女の皮膚を身にまとうことができる。彼女の髪を頭にかぶり、手は手袋として使うわ」というホラーなフレーズが使われていたため。

 さらにアルバムには、恋人の浮気相手「美しい髪のベッキー」の存在に苦しむ女心を歌った『ソーリー』や、「あなたはそんじょそこらの女と結婚したわけじゃないのよ」と叫ぶように歌う『ドント・ハート・ユアセルフ』など意味深な新曲がズラリと並んでします。

 このすべてが合わさって、スキンカラーのドレスは「怒り狂ったビヨンセが(美しい髪の)ベッキーの皮を剥いで作ったもの!」という具合にツイッターで揶揄されることとなったのです。

◆騒動は「エレベーターの乱」から続いていた

 この音楽界のスーパーカップルの浮気・離婚騒動は今に始まったことではありません。

 ことの発端は2年前、ビヨンセの妹ソランジュ・ノウルズ(29歳)がジェイ・Zの浮気を疑い、メットガラのアフターパーティに向かうエレベーターの中で彼に殴りかかった事件でした。

 この「エレベーターの乱」で浮気相手として名前の挙がっていたファッションデザイナー、レイチェル・ロイ(42歳)は今回の騒動にも巻き込まれ、すぐに『People』誌を通じて噂が事実無根であることを発表。しかし彼女のツイッターやインスタグラムはまたたく間に炎上、ネットに広がった「ベッキー=レイチェル」説は未だ消えていないようです。

【レイチェル・ロイの弁明ツイッター】
⇒【Twitter】 https://twitter.com/Rachel_Roy/status/724279585613963265

 関係者によると、ジェイ・Zが現在レコーディング中の新作は、ビヨンセとの8年間に渡る結婚生活について、彼側の言い分をたっぷり詰め込んだアンサーアルバムになっているとか。

 とはいえ、ビヨンセのアルバム『レモネード』はジェイ・Zが運営している音楽ストリーミングサービス“Tidal”から独占配信されており、なんだかんだ言っても夫婦間に何も問題はないのではという見方が強いのも事実。

 はたして「美しい髪のベッキー」は実在するのか? そしてビックカップルの音楽を使った世紀の夫婦喧嘩が見られる日は来るのでしょうか?

Source:
『US Weekly』http://usm.ag/1QT5ROo
『People』http://www.people.com/article/beyonce-lemonade-rachel-roy-denies-becky-album

<TEXT/橘エコ>
【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)