BMW 1シリーズに待望のディーゼルエンジン搭載モデルの「118d」が加わりました。

兄貴分のBMW3シリーズや2シリーズ(アクティブ ツアラー、グラン ツアラー)、MINIの3ドアと5ドア、クラブマンなどにも設定されているだけに待っていた方もいるはず。

1

なお、118dの追加で「BMW」ブランドのクリーンディーゼルラインアップは計9モデル、MINIブランドも含めたBMWグループ合計で19モデルとなっています。

5月21日から発売されるBMW 118dは、2.0Lの直列4気筒クリーンディーゼルターボを搭載。

コモンレールダイレクトインジェクションシステムと可変ジオメトリーターボチャージャーを組み合わせ、最高出力150ps/4000rpm、最大トルクは320Nm/1500-3000rpmとディーゼルエンジンらしいトルクフルなスペックとなっています。

組み合わされるトランスミッションは8速ATで、アイドリングストップなどの環境対応技術を数多く採用し、JC08モード燃費は、22.2km/Lを達成。同等のガソリンエンジンを搭載しているBMW 118iから約2割向上しています。

ほかにも、NOx(窒素酸化物)吸蔵還元触媒などメンテナンスフリーの排出ガス処理技術「BMW BluePerformanceテクノロジー」を採用し、ポスト新長期規制に適合。エコカー減税対象車の認定を受けていて、自動車取得税・重量税は「免税(100%減税)」、翌年度の自動車税も75%減税となります。

主な標準装備として、「ドライビング・アシスト(レーン・ディパーチャー・ウォーニング、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)」、「ドラインビング・パフォーマンス・コントロール(ECO PROモード付)」、「ITSスポット対応DSRC車載器(ルーム・ミラー内蔵、ETC機能付)」などを用意。

気になる価格は、「118d Sport」と「118d Luxury」が365万円、「118d M Sport」が385万円。なお、上の写真のBMW 118i比べると21万円高に抑えられています。

(塚田勝弘)

BMW 1シリーズに待望のディーゼルエンジン仕様を追加(http://clicccar.com/2016/05/10/370987/)